Visual StudioのPython環境で気になった点

ちょっと体調を崩しちゃったかも。風邪気味で体がダルいのと、首から背中にかけてのコリが酷くなってきて要注意。でも、外に出て少し運動でもすれば治っちまいそうな気がしないでもないのよね (^^)

もうすぐ年度末でしょ。仕事は1~2本残ってるし、最終版の成果品を作って納品しなきゃならないしで、ここで風邪をひくわけにはいかないのよ (^^)

 

Visual Studioで気になった点は…

きのうの日記で、PythonTensorFlowをWindows 10で使えるように開発ツールを再インストールしたことを書きましたね。

 
で、「Visual Studioで古いPython環境が残ったまま」なのが気持ち悪かったのよね。これをなんとかしたかったのよ。

 

強攻策:レジストリをいじる

まぁ、失敗すると大変なことになるけど、アンインストールしたAnacondaの古い情報が残っていて悪さをしているような気がしてならなくてね。

アンインストールした古いAnacondaのインストール先は、

C:\Users\Hiroshi\Anaconda3

だけど、再インストールした新しいAnacondaのインストール先は、

C:\Anaconda3

と違うので、レジストリエディタで「C:\Users\Hiroshi\Anaconda3」を検索して、ヒットしたエントリーを片っ端から削除しちゃえ!と。
これに失敗しても、根拠はないけどWindowsが起動しないなんてことにはならないだろうと思ってね。最悪でも開発ツール全部を再インストールすればいいくらいに考えてたのよ ^^;

まぁ、決しておすすめできない方法だけど、運が良かったみたいで、例の気持ち悪いのが治りました (^^)
Visual Studio 2015でもVS 2017でも、古いPython環境は表示されなくなり、当然、VSでもVisual Studio CodeでもJupyter NotebookでもPythonを使えるので、特に問題はなさそうなのよ \(^o^)/

20180224_Visual Studio 2015 Python Environments VS 2015のPython環境
20180224_Visual Studio 2017 Python Environments VS 2017のPython環境

ちょっとやけっぱち過ぎたかな ^^;

 

 

この週末、Jリーグが開幕しました。私の鹿島アントラーズの開幕戦は明日、アウェーでの清水エスパルス戦です。体調を整えて、ウェブのテキスト速報に備えないとね ^^;

広告

デジタル一眼レフにもWi-Fi機能を!

日々、写真を撮りまくってる!わけじゃないの ^^; 数枚の写真をってときが多いのよ。最近ではiPhoneで撮ってそのままツイートなんてことも減って、写真を自組Windows母艦PCに転送してLightroomで編集、ブログに貼るってことの方が多いのよね (^^)

そうなると、たかだか数枚の写真を転送するだけのために、デジイチからカードを抜いてPCに挿して… なんてのは面倒になってくるってもんでしょ。
まぁ、iPhoneで撮れば転送は楽チンなんだけど、画質がねぇ ^^;

 
ミラーレスのOLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIはPCと無線接続できないことが分かっているから諦めてるけど、一眼レフのCanon EOS 7D Mark IIWi-Fiアダプタ(SDカード)を挿せばUSBケーブルで有線接続したときと同じことができるのよ。写真の記録にはCFカードを使っているから、Wi-Fiアダプタを買うだけで済むし、前々から狙っていたのよね。

思い立ったが吉日、Wi-Fiアダプタを購入。遅延はあるんだけど、こりゃ便利だなぁ \(^o^)/
iPhoneとの接続もできるから、今後は使い方の幅が広がりそう。まぁ、そんな使い方をするなら、アパートになんか籠もってないで外出しろ!ってことだろうけどね ^^;
私が撮ってるものといったら…

しかお・しかこ・アントンくんが写ってるPCモニターかテレビ

ばっかりだからなぁ ^^;

20180223_174821_IMG0002 アントンくん・しかこ・しかお

だけど、PCモニターで10倍に拡大してピントを合わせられるってのはいいね。歳のせいか目が芳しくないもんだから、カメラの液晶モニターよりもずっと見やすくていい (^^)v

カメラとPCとをWi-Fiで繋ぐなんてことは、イマドキのデジタル一眼レフなら当たり前のようにできることなんだろうけど、私の7D Mark IIでも(Wi-Fiアダプタを追加購入したとは言え)それができるようになって、とっても嬉しいのよ \(^o^)/

開発ツールを再インストール ―― Windows 10でPythonとTensorFlowを使う

つや付けて「開発」と言ってみたものの、私が比較的よく使うのはExcel上のVBAだったりするのよね。(Office 365のVBA以外の)開発ツールなんてほとんど使わないし、ほかに手立てがないわけじゃないし。それに、VBAにしたって“比較的よく使う”のであって、全体的にはたまにしか使ってないのよ。
だからね… 開発用のツール類なんて再インストールではなくてアンインストールしてもまったく問題ない説 ^^;
まぁそうなんだよなぁ、ほとんど問題ないのよね。だけどね、ライフワークで ホントたまぁ~に機械学習をやらなきゃならないので、これまた たまぁ~にPythonTensorFlowが必要なのよ。
それにしても… たまぁ~になのにライフワークと言っていいのか問題 ^^;

とにかく、プログラミングは仕事の主軸ではなくて、自分用の・そのとき用のちょっとした道具を作ることが多いから、VBAにしろ Pythonにしろ テキストエディタのマクロにしろ、

あれ? どうやんだっけかなぁ?

ってのから始まるの。プログラミングに限らず、日常的にやってないと なかなか身につかないもんだね。歳もあるかな ^^;

 

アンインストールと再インストール

まぁ、気分転換もあるかな。アップデートもいつしたか思い出せないし。
いやいや、通常はアップデートで済んじゃうのよね、イマドキは。一度インストールしたら、それ以降はオンラインアップデートで済んじゃう。

でもね、今回はGPU版のTensorFlowがらみなのよ。バージョンが0.いくつかのときに使ってたものをそのまんまにしといたんだけど、これを最新のバージョン1.5にして使いたかった。
それを使うにはCUDA Toolkitとそれ用のcuDNNも更新しなきゃならなくて…
さらに、Pythonのディストリビューションの一つAnacondaの最新版には、Pythonを便利に使える機能拡張が盛り込まれたVisual Studio Codeが同梱されるようになって…

こうも重なると、いっそのこと全部アンインストールしてきれいにしてから、TensorFlow 1.5を使えるように一から再インストールしちゃった方が気持ちいいかなと。

 

まずアンインストール

ってことで、古い開発用ツールやライブラリをすべてアンインストール。

Visual Studioについては、インストールしても使わなかったいろんな拡張機能の類いも[コントロール パネル]の[プログラムと機能](あるいは[設定]の[アプリと機能])でコツコツ削除しましたよ。

 

そして再インストール

きっときれいになったことだろうから、今度はGPU版TensorFlow 1.5が動くように再インストール。インストールには、この記事

【2018年度版】TensorFlow 1.5のインストール方法を解説!【Windows 10】

がとても参考になったよ。
私がアップデート、再インストールした順番はこのとおり。

ちょっと時間はかかるけど、エラーで止まるようなこともなく、無事に終了しましたよ (^^)

 

お約束のトラブル

インストールは済んだものの、まぁ、そうそう甘くないっすね (T_T)
当然のようにトラブルに見舞われました。一応、解決した(ように見える)ので、その顛末を書いておきます。

 

JupyterLabが正常起動しない

Anaconda Navigatorを立ち上げてJupyterLabをクリックしても「404 : Not Found」が出ちゃって正常起動してくれない。Jupyter Notebookも使えない。

このトラブルの解決には、

エラー解決:jupyterlabを起動する際に 404 not found

を参考にしました。
まず、condaをアップデートして…

20180222_1_開発ツールの再インストール condaのアップデート

次に、Anacnda Navigatorの[Environments]でJupyterLab関連と思われるものを削除。

20180222_2_開発ツールの再インストール jupyterのアンインストール
20180222_3_開発ツールの再インストール 依存関係にあるパッケージも

そして、Anacnda Navigatorの[Home]でJupyterLabを再インストール。
これでJupyterLabが使えるようになり、Jupyter NotebookでGPU版TensorFlow 1.5も使えるようになりました \(^o^)/

 

Visual Studioで古いPython環境が残ったまま

PythonやTensorFlowはほとんどJupyter Notebook上で使うので、Visual Studio(以下「VS」)ではあんまり作業しないの。それもあって、これは実質的には問題ないんだけど、気持ち悪いよね。

20180223_5_開発ツールの再インストール VS 2015のPython環境

図の「Python 3.5」はアンインストールして実体はないんだけど、古い環境が残ったままになっちゃってるみたい。まっさらきれいにはアンインストールできなかったってことなんだろうなぁ。
さらに残念なことに、この項目は(VS 2015が自動検知したPython環境であるためか)削除できないのよね。なので、再インストールした新しいPythonを使えるように追加したPython環境が「Anaconda」。これをデフォルトのPython環境とすることで問題なく使えました。
まぁ、気分の問題だけど、できれば古い環境は削除したいなぁ ^^;

そこで、VS 2017をインストールすれば、そちらでは気分良く使えるのではと思いついたのよね。GPU版TensorFlowをインストールするにはVS 2015をインストールしておく必要があるけど、それが済んでしまっているいま、VS 2017をインストールしても大丈夫なんじゃないかと。ちなみに、VS 2015とVS 2017は共存できますよ。
で、VS 2017をインストールしてみた結果がこれ。

20180223_6_開発ツールの再インストール VS 2017のPython環境

やっぱり駄目でした (T_T)
図の「Anaconda 4.2.0」と「Python 3.5」が古い環境のもので、「Anaconda 5.1.0」と「Python 3.6 (64-bit)」はVS 2017が自動検知したもの。
うぅ~、なんとか古いPython環境を削除する方法はないものかなぁ ^^;

 

開発環境の再構築が完了

またまた つや付けて「開発環境の再構築」だなんて ^^;

まぁ、どう呼ぶにしても、PythonとGPU版TensorFlowがJupyter Notebookでも Visual Studioでも Visual Studio Codeでも使えるようになって、とっても気分いい \(^o^)/
たまぁ~にしか使わないとはいっても、事前に準備してちゃんと動くようにしておくっていうのは とっても重要ですよね。

トラブったときにはどうなるものかと心配したけど、いまはホッとしているよ (^^)v

 

 

土木屋の私。もういい歳なので、実はプログラミング経験年数は長いの。なんせ、C言語を勉強しはじめた頃は まだK&Rの初版を書店で買えましたからね。初版も第2版も買って読みましたよ。まぁ、やってる期間が長いってだけで 中身はスッカスカだけどね ^^;
で、いまはVBAとPython。どちらも使いやすいですね。

ポケコンBASIC(シャープのポケコン)に始まって、F-BASICFM-77)、N88-BASICPC-9801 VM2)と移っていき… PC-9801 VM2ではN88-BASICのほかに、Borland(ボーランド)のTurbo C、Mircrosoft CやMicrosoft QuickBasicを使っていたよ。
98シリーズでTurbo CやQuickBASICが動いていたなんてなぁ。はじめて買ったCコンパイラはTurbo C 1.5(だっと思う)。ボーランドの日本法人ができる前で、MSA(マイクロソフトウェアアソシエイツ)がローカライズしたものだっけかなぁ。
当時、ボーランドのIDE(統合開発環境)は とても使いやすくて、とても洗練されていたように思うよ。その後、Borland Developer Studio 2006まで買い続けたけど、もうその頃にはMicrosoft Visual Studioが席巻してた。個人利用なら無料で使えたしね。

いかんいかん、昔話はこれくらいにして ^^;
Turbo C 1.5以降、ずっとコンパイラを使っていたのに、いまはインタプリタのVBAとPython。時代が変わったんだなぁ~とシミジミだよ。
シミジミはするんだけど、プログラミングって楽しいね (^^)

EmEditorへの完全乗り替え完了

今年になってから、テキストエディタの日記を何本か書きました。

 

とても長いこと使ってきて、とてもお世話になった秀丸エディタ
どうもありがとう m(._.)m

この度、テキストエディタを

EmEditorに乗り替え

ました。今後はこれをメインに使っていきます。
EmEditorの購入にあたっては、年間サブスクリプションか永久ライセンスかで迷いましたが、永久ライセンスを購入しました。永久久ライセンスですからね、ずぅ~っと使い続けることができるわけで、このまま試用期間が切れるまで「仮」で使っている意味もなく、まぁつまり… 秀丸エディタからの乗り替えが完了しました。

プログラミングにはEmEditorを使わないけど、その向きにはVisual StudioVS Codeがあるからね。秀丸エディタには引退してもらうことにしました。

乗り替えが完了したとはいえ、秀丸エディタをアンインストールしてないのよ。このパソコンを使っている限り、秀丸エディタはインストールしたままにしておこうと思ってるの。ちょっと悲しい気分なんだなぁ (T_T)

秀丸エディタ、これまでどうもありがとう

水原三星 1-2 鹿島(ACL Gr.H 第2節)

きょうのACL グループHの第2節、鹿島アントラーズ vs. 水原三星ブルーウィングスは、金崎夢生選手の2得点で勝利 \(^o^)/

 

試合開始早々の8分、金崎選手らしい、鹿島らしい得点で先制

20180221_213636_IMG5433 金崎選手が先取点

2点目も金崎選手。後半14分、鈴木優磨選手のダイビングしながらのヘディングシュートを金崎選手がヘディング、体ごとボールとともにゴールの中へ突進 \(^o^)/
金崎選手が触らなくてもゴールに入ってたように見えたから、ほぼ9割は鈴木選手のゴールかも。ただ、あの状況でボールごとゴールに突進してこそストライカーだよなぁ (^^)v

20180221_210653_IMG5430 2点目も金崎選手
20180221_210257_IMG5429
20180221_210855_IMG5431

前半でPKのピンチがありました。解説の北澤豪さんは、あれ(レオ・シルバ選手のファール)はファールじゃないよ的な雰囲気を出してましたね ^^;
それが天に届いたのか、クォン・スンテ選手の神セーブで無失点 \(^o^)/

ただなぁ、相手を褒めるべき得点だったけど、試合終了間際の1失点はいただけない。マジで鹿島らしくないよ。

残り15分で必ず得点する、必ず失点しない

っていうしぶとい試合運びをしてこその鹿島だよなぁ ^^;
昨シーズンのJ1では優勝できなかったけど、ほぼそれができていたからね。これから調子を上げていってくれることを期待しているよ (^^)

 

 

今週末はJリーグの開幕戦。相手は清水エスパルス
昨シーズンの開幕戦は惜しくも負けてしまったけど、今シーズンは全冠制覇を目指し、初戦からエンジン全開でお願いしますよ (^^)

そんでもって、来週末はホーム開幕戦だ。相手はガンバ大阪だ。その翌週はサンフレッチェ広島戦だから、3試合続けてオリジナル10かぁ、シビれるねぇ ^^;

さぁ、もうごちゃごちゃ言いませんよ、Jリーグ開幕だ \(^o^)/

20180221_鹿島アントラーズ ホーム開幕戦 (4) 2018/2/25 Jリーグ開幕戦
20180221_鹿島アントラーズ ホーム開幕戦 (3) 2018/3/3 ホーム開幕戦

鹿島アントラーズ、ACL Gr.H 第2節!

Jリーグの開幕は2月23~25日。待ち遠しいです。で、鹿島アントラーズのホーム開幕戦は3月3日。これまた待ち遠しい (^^)

待ち遠しいけど、きょうはACL(AFC CHAMPIONS LEAGUE)2018のグループH第2節、鹿島アントラーズ vs. 水原三星ブルーウィングスです。アウェーでの戦いですが、前節の上海申花戦はホームで引き分けているだけに、何とか勝ってほしいです (^^)

 
今回も日テレNEWS24で生中継されるのよ\(^o^)/
それまではコツコツ作業。静かぁ~に待ってることにします ^^;

蕎麦を食べたい!

そば街道(佐賀市三瀬村)、三瀬そば

先日、福岡市在住の@LyustyleさんのYouTube動画を見ていたら、どうにもこうにも美味しい蕎麦を食べたくなってしまって ^^;

う~んっ、三瀬の蕎麦かぁ \(^o^)/
三瀬までは20kmちょっとあるから 天神よりは遠いけど福岡空港よりは近いっていう距離感。まぁ近くはないけど、アパートを出発して県道に出たら、あとは曲渕ダムのところで1回曲がるだけ。とっても行きやすいのよ (^^)v

そんな行きやすい佐賀市三瀬村。三瀬のそば街道は仕事で何度も通ったことあるのに、それなのに、三瀬の蕎麦は一度も食べたことないのよね m(._.)m
佐賀の美味しい蕎麦を食べるツアーに出るべきだなぁ。せっかく、午前中に出発したら夕方前に戻ってこられるところに住んでるんだからねぇ。いっそのこと、3軒くらいを食べ回る蕎麦ツアーがいいかもなぁ ^^;

 

近所のお蕎麦屋さん

私は基本的に出不精なので、普段は近所をウロウロするだけ。蕎麦を食べたくなったときに行くお店は、以前は3軒あったけど、いまは2軒 (T_T)

 

そば玄

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 生粉蕎麦 玄 周船寺店

閉店しちゃったからもうないけど、周船寺西交差点の近くにあった「生粉蕎麦(きこそば) 玄」。アパートからは徒歩でも行けるくらいに近いところだから、来た回数はここが一番多いなぁ。
蕎麦はまずまず美味しかったし、丼物とのセットもコスパ良かったし、閉店しちゃってとっても残念なのよねぇ (T_T)

 

生そば あずま

20180219_141409_IMG_5417_生そば あずま 生そば あずま 波多江店

もうガッツリ食べたいときはここです、「生そば あずま」。ここよ、ここ。ウエスト傘下だけあって、腹いっぱい食べたいお客の気持ちを分かってる。さすがです。

20180219_135428_IMG_5414_メニュー(生そば あずま) そばセットのメニュー

ランチの日替りそばセットでは、蕎麦は合計3玉まで無料です。最初に2玉で注文して、後から1玉追加っていうのもOK \(^o^)/

20180219_140001_IMG_5416_日替りそばセット(生そば あずま) そばセット(蕎麦2玉)

上の写真は2玉ですけど、3玉だとこうなります。

 

こまどりうどん

20180220_IMG5426_こまどりうどん今宿店 こまどりうどん 今宿店

3軒の中では「こまどりうどん」の10割蕎麦が一番好き。まぁ、うどん屋さんなんだけど蕎麦も美味しいのよ。

20180220_IMG3589_メニュー(こまどりうどん今宿店)20180220_IMG3590_メニュー(こまどりうどん今宿店) メニュー

もつ煮込みうどんやもつ鍋うどんもいいけど、今回は天ざるそばを ^^;

20180220_IMG5421_天ざるそば(こまどりうどん今宿店) 天ざるそば

 

 

すでにお気づきだと思いますが、この3軒、すべてチェーン店なんです。私が行きやすいお店って、傾向としてチェーン店が多いなぁ (T_T)

それはさておき… 蕎麦といったら、本店も支店もない、もちろんチェーンとかじゃない、やっぱ“個”がやっているそのお店1軒のみ!ってのがいいですよね。まぁ、蕎麦に限ったことじゃないんでしょうけど ^^;

となると、ますます

三瀬のそば街道「蕎麦ツアー」

に行きたくなっちゃうよ (^^)v