鹿島 6-2 柏(J1 第17節)

軽い熱中症でしょうか、脱水症状も出ちゃってダウン (~_~;) クーラー全開でも冷えない安普請アパート住まいは辛いです (T_T)
なので、日記も短めにして横になります m(._.)m

 

きのうのJ1リーグ第17節、私の鹿島アントラーズはホームで柏レイソルと対戦しました。試合結果は6-2の大勝です \(^o^)/

若い力が躍動

 
した、今後に期待の持てる試合を見せてくれました。もしかしたら、この試合がとても大きなターニング・ポイントになるかもしれません。新旧の世代交代が始まったのかな?と感じたサポーター、ファンも多かったのではないでしょうか。

もちろん、良いことばかりではありません。大量得点できたのは、柏が万全でなかったこともあると思います。そんな相手に2失点。前節と今節とで9得点というのは嬉しい限りですが、5失点もしちゃったってのは ちょっとねぇ。ポジティブな材料とネガティブな材料とが同居しているので、諸手を挙げて喜ぶことはできませんよ ^^;

水曜日と土曜日は大阪でのアウェー2連戦。大坂夏の陣です。これを無敗で乗り切れるかどうかで、いまの鹿島の復調が本物かどうか分かるというもんですね (^^)

広告

磐田 3-3 鹿島(J1 第16節)

きのうの第16節からJ1リーグが再開しました。休止していたDAZNも このタイミングで復活させました。もちろん、鹿島アントラーズの試合を観るためにね (^^)
私の鹿島はアウェーでのジュビロ磐田戦でした。両チームとも8位(磐田)、11位(鹿島)と不甲斐ない順位につけていたので、中断期間空けの最初の試合は是非とも勝ちたかったと思います。結果は、点取り合戦の末、3-3のドロー。試合内容からすれば、鹿島は十分に勝てた試合だったように思うので、ちょっと残念な気持ちも (~_~;)

鹿島の課題は二つ。シーズン始まってから続いている得点力不足と、植田直通選手の移籍と昌子源選手の欠場による守備の弱体化。先週の天皇杯3回戦、FC町田ゼルビア戦は、相手が格下ということもあって乗り切れましたが、今週からはガチのJ1ですからね。そりゃ心配ですよ。
攻撃面はOBの黒崎久志新コーチが転機をもたらしてくれるといいなぁ、守備は誰が出るにしろ なんとか耐えてほしいなぁと。

20180718_J1[16] 磐田 3-3 鹿島 (1) スターティング11

注目の、そして最大の心配の種であるCBは、犬飼智也選手と町田浩樹選手のコンビがスタメンでした。悪くはなかったように思います。が、良くもなかったですね。この程度なら どこのチームでも驚くに値しないと思います。まぁ、昌子・植田のCBコンビが如何に凄かったかということなんでしょうね。
万全のメンバーでなかった磐田を相手に3失点。昌子・植田コンビなら、無失点で抑えることも可能だったでしょう。犬飼・町田の今後の成長が楽しみだし、大化けすることを期待してますよ (^^)

攻撃面には希望を持てました。黒崎効果なんでしょうか。3得点すべて、今シーズンはゴールのなかった選手の初ゴールとなったのがすごく嬉しい。いろんな選手が点を取るということは、攻撃のバリエーションが豊かになってきたってことでもあるでしょ、多分 ^^;
それと、この試合では得点できなかったけど、鈴木優磨選手がいい。すごくいい。チームに貢献してるオーラが半端ない。加えて、阿部裕葵選手もいい。すごくいい。阿部選手がゴールを決めた後、タックルして抱きついて喜ぶ鈴木選手、そんな二人を見ていてゾクゾクしたよ。二人ともまだまだ若いから、今後さらにレベルアップして鹿島を引っ張っていってくれ! 移籍市場に晒されるのが心配だけど ^^;

この試合の3点は、どれも素晴らしいゴールでしたよ。

20180718_J1[16] 磐田 3-3 鹿島 (2) 遠藤選手の同点ゴール
20180718_J1[16] 磐田 3-3 鹿島 (3) 阿部選手の逆転ゴール
20180718_J1[16] 磐田 3-3 鹿島 (4) 土居選手の同点ゴール

同点ゴールとなる1点目は遠藤康選手でした。強烈なシュートで、ゾクゾクっとするゴールでした。ですが、このゴールの直後、肉離れで負傷退場。これは痛い。早く戻ってきてくれることを祈ってるよ。
そして、相手選手のパスミスを中村充孝選手が奪ったところから生まれた阿部選手の逆転ゴール。冷静だったし、とっても粋なシュートでした。素晴らしかったよ。
その後逆転されたものの、試合終了間際の土居聖真選手の同点ゴールも、連携から生まれた素晴らしいゴールでした。

これが黒崎効果だ!

 
と信じたいよ。そうであれば、これからドンドン良くなっていくだろうからね \(^o^)/

 

攻撃面は今後に期待を、守備面には不安を感じる、そんな試合でしたね。だから、昌子選手の復帰と移籍がとっても気になる。昌子選手は守備の要だからね。移籍するにしても、早くピッチに戻ってきてほしいよ m(._.)m

 

【2018/7/20 追記】

ジーコTD就任は吉と出るか?

日曜日からの三日間、日記をサボっちゃいました m(._.)m

 

残留争い目前の鹿島

さて、ワールドカップ中断期間が明けて、きょうの第16節からJ1リーグが再開ですよ。私の鹿島アントラーズはアウェーでジュビロ磐田対戦します。両チームの勝ち点差は3、つまり1ゲーム差だから、中断期間空けということもあって、是非とも勝ちたいのはもちろんですね。いい試合になるといいなぁ、鹿島にとって ^^;

鹿島は現在11位。順位的には中位・下位の境目と感じがちだけど、それはとんでもない間違いなのよ。降格圏からは勝ち点3(これまた1ゲーム差)しか離れていないので、鹿島は

J1残留争いに片足を突っ込んでいる

 
と考えるのが妥当ですね (T_T)

20180718_J1リーグ前節までの順位表 前節までの順位

 

戦術に乏しく 戦力も低下した鹿島

チーム内も少しゴタゴタ(?)していますね。遠征先のホテルに女性を連れ込む事件で退団なんてのは論外なので置いといて… 日本代表のCB二人がいないのよ (T_T)

植田直通選手はベルギーに完全移籍、昌子源選手はワールドカップの疲労蓄積で試合出場不可。これはゴタゴタなんかじゃなくて かなりヤバい状況ってことくらい、サッカー音痴の私にだって分かるよ。

 
戦略はともかく戦術は乏しいように感じるし、風紀の乱れもありそうだし、選手放出で戦力不足だし、ここで踏ん張らないと降格まっしぐらのような気がして、すっごく心配なのよ。戦力補強を着々と進めているライバルチームも中にはあるから、なおさらだよ (~_~;)

 

ジーコのTD就任!

そんなギリギリの踏ん張りどころのいま、ジーコが鹿島のTDに就任するのよ、8月3日から。来月なんかじゃなくて、きょうからにしてくれぇ~(心の叫び)。

 
いまの鹿島が残留争いをしている原因は、選手たちではないように思う。データサッカーで鹿島を研究し対策を練ってくる相手に対応できていないように思うのよね。もしそうなら、監督含む指導陣と首脳陣に主な原因があるんだよ、きっと。

ジーコのTD就任は 確かに切り札の一つではあるんだろうけど、首脳陣の言い訳にもなりそうで心配なのよね。そんなことはないと、いままではいろんな歯車が少しずつかみ合わなかっただけだと、ここから快進撃が始まるんだと信じたいよ ^^;

ジーコが選手たちだけでなく指導者たちにもカツ(ジーコスピリッツ)を入れてくれるのを期待しているよ。それに、TD(テクニカルディレクター)っていうのは かなりな要職のようだから、強力な助っ人を引っ張ってきてくれるようなことがあったら、とっても嬉しいよ \(^o^)/
J1リーグはかなり厳しくなってしまったものの、その他の国内タイトルとACLは可能性が十分残されている中で、

戦力は放出のみで補強なし

 
って現状に甘んじなければならないサポーターやファン(の多く)は、鹿島の首脳陣はいったい何を考えているんだ?とイライラさせられているってのが本音だよ、きっと。いや、間違いない(だって私がそうだから)^^;
ジーコの来日、TD就任を転機に、泥沼に片足突っ込んだようないまの状態から一気に抜け出すことを願っているよ (^^)

 

 

退院してからもう3週間も経つから「病み上がり」ってわけじゃないはずなのに、どうも体調が芳しくない。仕事の作業スピードが上がらず、気持ち的にも盛り上がらないから、かなりブルーな感じだよ。このところずっと続いてる暑さなのかなぁ、やっぱり (~_~;)
健康を損なってはもともこうもないので、まぁボチボチ・コツコツと地道にやっていこうと思ってるのよ (^^)v

赤青黄緑、全色揃って良い感じ (^^)

やっぱ、夕べのなす味噌と焼魚の定食かな、体調が芳しくない。だからね、冒険気分で食べたって言ったでしょ ^^;
それが理由ってわけじゃないけど、木曜日に到着した仕事のデータ、作業があんまり進んでないのよね m(._.)m

20180712_Auditionでの編集 編集中のデータ

これはデータ編集中の画面なんだけど、なかなかの強敵なのよ。この作業で得られるのは成果品の付録のようなもんだから、手間をかけなくてもいいっちゃぁいいんだけど、だからと言って手を抜くようじゃ「小久保の仕事」じゃなくなっちゃうからさ。できることは精一杯やらないとね。
…と虚勢を張ってみたものの、やっぱり強敵。どう突いても改善効果が得られないのよ (T_T)

 

世の中は三連休だし、体調も良くないしってことで、仕事するのやめて、ちょっとお散歩。アパートから500mも行かずにこの景色よ。どうよ? とっても良いでしょ (^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 可也山

その少し前、赤・青・黄・緑と全色揃ってるのを発見。アイキャッチ画像のこれね。
作業中のおじちゃんに「ひまわりの写真を撮っていいですか?」って聞いたら、ニコニコ顔で「どうぞどうぞ」って。ほらね、全色揃ってるでしょ \(^o^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 全色揃ってグゥ

ついでだから、車で加布里漁港まで可也山を見に行ったよ。
散歩のとき少ぉ~しモヤって見えたから、それなら近くまで行けばいいんじゃね?と思ってね。行って正解、とっても良い感じでしたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 加布里漁港から見る可也山

お散歩&ドライブは気持ちが良いけど、でもやっぱ ちょっと暑さがね。注意しないと。

退院後 初のやよい軒

脂モノは控えないと。でも絶つ必要はないってことだからね、どの程度に抑えなくちゃならないかが、その加減が分からないのよ ^^;

無性になす味噌炒めを食べたくなっちゃって、きょうの晩ご飯は 退院後では初のやよい軒。石丸店でなす味噌と焼魚の定食 \(^o^)/

これは冒険レベルなんだろうか。鯖も控えるべきものにリストアップされてたし、炒められたなすとピーマンには脂… このくらいはOKであってくれと願いたいよ ^^;

 

 

またまた いつもの鹿島アントラーズの話題で恐縮ですが… 植田直通選手に続き、ペドロ・ジュニオール選手も移籍です。

植田選手にはおめでとうと言いたいし、大活躍することを願ってるけど… 残念だなぁ寂しくなるなぁって気持ちも大きいのよ (T_T)

一方、ペドロ選手については… ここだけの話、今シーズンのペドロ選手は褒められたもんじゃなかった。試合に出られない鹿島にいるよりも(それが彼のいまの実力だけどね)、レンタルとは言え移籍するのが本人にとっても鹿島にとっても良いことだと思うよ。

町田 1-5 鹿島(天皇杯 3回戦)

久しぶりのサッカー観戦は…

ホント久しぶりですね。まだワールドカップは決勝戦・3位決定戦が残っているけど、日本では中断期間が終了して、きのうから天皇杯、7月18日からJ1リーグが再開です \(^o^)/

その久しぶりな国内サッカー、私の鹿島アントラーズは… 天皇杯3回戦、アウェーでのFC町田ゼルビア戦でした。天皇杯3回戦のテレビ中継は関西学院大学東京ヴェルディ戦だけだったし、鹿島のテキスト速報は有料会員向け(私は会員じゃない)なので、どうにもこうにも ^^;
スカサカ!では天皇杯3回戦を中継していたようだけど、私は見られないからね。なので、関西学院大学・東京ヴェルディ戦のNHK放送のデータ連動(dボタン)で得点経過かを確認しつつ、町田のホームページのテキスト実況をガン見してました (T_T)

20180711_天皇杯3回戦(スカサカ) スカサカ!の天皇杯中継

試合のハイライトはYouTube スカサカ!Ch.で公開されているのね。こちらからどうぞ。

 

とりあえず勝てて良かった ^^;

J2相手なんだから楽勝でしょ?と思いがちだけど、そんなことはないのよ。鹿島はJ1では下位低迷中だし、なんせ今シーズンは

より順位の低い相手にしか勝てない!

 
まぁ、そんなだから下位に低迷してるってことなんだよね (T_T)
それと、今年の鹿島は例年以上に他チームに解析され、術中にまんまと嵌まって不甲斐ない敗戦を喫することが多いのよ。これも下位に低迷しているチームの特徴だと思うのよね。J1リーグ第15節のベガルタ仙台戦がいい例だよ。仙台ごときにこのありさまはなんなんだ!と、かなりムシャクシャしたのを覚えてる ^^;

 
このままではいかん! そんな中での とりあえずの勝利。ホッとしているよ (^^)

 

嬉しさ半分、悲しさと心配も半分

きのうの試合については もうここまで。勝てたことは大事だけど、こっちのニュースの方がもっともっと重要なのよ ^^;

 
あぁ~、とうとうこのときが来てしまったか!って感じだよ。植田直通選手の移籍は ほぼ確実みたいなのよね (T_T)
まぁ仕方ないよなぁ。海外のクラブチームに見つかったら 触手を伸ばされちゃうよなぁって思うもの。ワールドカップでは出番がなかったけど、植田選手は鹿島にとって欠かせない主力選手の一人なのよ。

そんな主力選手があと二人いる。昌子源選手と鈴木優磨選手ね。二人とも海外志向が強いから、オファーが来たら まず間違いなく移籍しちゃうだろうなぁ。すでに昌子選手は海外のサッカー市場に晒されてるし、海外移籍がいま発表されても驚かないよ。
鹿島一筋で、日本代表(トップチーム)には まだ選ばれてない鈴木選手だけど、見つかるのも時間の問題だよ。もう見つかってる可能性の方が高いでしょ。

昌子選手と植田選手の海外移籍については、かなり前から覚悟はしていたのよね。ただ、それに鈴木選手が加わるとなると、心中穏やかではいられない (~_~;)
鹿島は日本屈指の強豪クラブだし、海外クラブとの試合もそこそこ多いし、2016年のクラブワールドカップでは決勝でレアル・マドリードと対戦してるしで、国際試合での選手の資料映像なんて いくらでもあるだろうからなぁ。見つかって、興味を持たれて、獲得しようなんて思われたら、もうお仕舞いだよ (T_T)

鹿島の選手の海外移籍は、

とっても嬉しいし 大活躍してほしい

 
と心から思ってるんだよ。でも同時に、鹿島のことも考えちゃうのよね。主力選手(今回は3人の可能性がある)が突然いなくなっちゃうわけだから、鹿島ファンとしては当然でしょ ^^;

昌子選手も植田選手も鈴木選手も大好きなのよね。だから、海外で大活躍する姿を見たい気持ちでいっぱいだよ。この3人については諦めなきゃいけないんだよなぁ、きっと。
いや、鈴木選手については私の贔屓目が過ぎるのかもしれないね。まずは日本代表に選ばれるのが先かな。そうだよな。段々気持ちが落ち着いてきた (^^)

 

おまけ

私がよく見るサッカー関連の番組は二つ。どちらもYouTubeのチャンネルだけどね ^^;
どちらのチャンネルも解説がとてもしっかりしてるんだよ。サッカー音痴でトンチンカンな私にはちょっと難しいんだけど、見ていて楽しいのよ (^^)v

20180712_0014 catorce 0014 catorce
20180712_Leo the football TV Leo the football TV

Ryzen 7 2700X PC ―― ベンチマーク(その2)

きょうは、きのうの日記にチョロっと書いたけど、ベンチマークの残り三つ(④写真現像・⑤動画編集・⑥機械学習)についてです。
最初の三つはド定番のベンチマークソフトを使いました。①CINEBENCH、②CrystalDiskMark、③FINAL FANTASY XVね ^^; 少し前の日記になるけど、こちらからどうぞ。

 
きょうの三つはベンチマークソフトを使うのではなく、私が仕事や趣味でよく使うソフトウェアにおける 例題の実行時間を測定するってもの。旧母艦PCと新母艦PCでの実行時間を比較しようってわけです ^^;

旧・新母艦PCのスペックの違いは次のとおり。

20180711_新母艦PCスペック スペック比較表

 

ベンチマーク④ 写真現像:Lightroom Classic

まずは写真現像。使用したソフトウェアはAdobe Lightroom Classic CCです。
Canon EOS 7D Mark IIで撮影した写真のRAW画像データ(5,472×3,468≒2,000万画素, 1枚約22MB)1,000枚に同一の補正(部分的な露出補正、色補正、部分的なぼかし、回転、切り抜き)を適用し、出力しました。この補正処理のビフォー・アフターはこんな感じです(左が元画像、右が補正適用後)。

20180528_写真現像のベンチマークテストの例題 補正処理のビフォー・アフター

結果は次のとおり。括弧内の数値は旧母艦PCに対する処理速度の比で、何倍高速かを表しています。

1,000枚のRAW画像の現像

  • 旧母艦PC:70分15秒(1.00)
  • 新母艦PC:31分25秒(2.24

2倍以上高速。現像だけでなく、作業しているときも高速であることは実感できました。旧母艦PCではLightroomでの作業すべてがモッサリ動作って感じでしたが、新母艦PCではかなり改善されたことが実感できました。

改善が実感できたとは言え、キビキビ・サクサク動作かというと、この程度では まだまだ不満なのよ。Adobe CCのソフトウェアはGPU最適化があまり進んでいないようなので、CPUの違いが速度の違いとなって現れると期待していたのよね。つまり、CINEBENCHのCPUスコアの違い(旧母艦PC=510cb、新母艦PC=1,752cb)くらいに。CINEBENCHのスコアは3.44倍の違いがあるのにって考えれば、ほら、不満に思えてきたでしょ ^^;

 

ベンチマーク⑤ 動画編集:Premiere Pro

次は動画編集。正確には「編集」ではなくて編集後の「エンコード」かな。使用したソフトウェアはAdobe Premiere Pro CCです。
SONY FDR-AX40で撮影した10分間の4K動画(3,840×2,160ピクセル, 30fps, 60Mbps)を編集した後、フルHD解像度(1,920×1,080, 30fps, 4Mbps)で出力したときの処理時間を比較しました。編集で使った補正は、露出補正、色補正、回転、スケール(切り抜き)です。

20180711_動画編集 編集作業の例

結果は次のとおり。

4K動画(10分間)をフルHD動画にエンコード

  • 旧母艦PC:7分47秒(1.00)
  • 新母艦PC:3分31秒(2.21

写真現像の場合とほぼ同じ結果となりました。編集作業はGPU支援が効くので旧母艦PCのときよりも快適でした。特に4K動画を編集する場合は、旧母艦PCではプロキシ機能を使わないと実用的ではなかったのですが、新母艦PCではプロキシ機能を使わなくても何とかなりそうでした。

ほぼ同じって、写真現像の場合が2.24倍、動画エンコードの場合は2.21倍。まったく同じと言っていい結果ですね。GPU最適化の程度、CPU依存の程度が両者で同じってことなんでしょうかね。それに、現像時・エンコード時にタスクマネージャで確認すると、どちらの場合もCPU使用率が高く、GPU使用率が低いんですよね。Adobeには、もっともっと

GPU最適化に 真剣に取り組んでほしい

 
ですよ、マジで (~_~;)

 

ベンチマーク⑥ 機械学習:TensorFlow, CIFAR-10

最後は機械学習。有名な機械学習ライブラリであるTensorFlowを使い、CIFAR-10(画像分類)を例題にしました。
機械学習ではトレーニング(学習)、テスト(評価)、実地適用の三つの段階がありますが、最初の 設計したモデルをトレーニングする段階で 最も計算機の能力が必要になります。CIFAR-10の画像分類はTensorFlowのチュートリアルにも掲載されているので、公開されているトレーニング段階のプログラムを使い、その実行時間を比較しました。

20180601_cifar10 (X470Taichi) (2)改 cifar10_train.pyの実行例

チュートリアルのプログラムでは100万ステップで学習させていたけど、ここでは実行時間を計るだけなので30万ステップに変更しました。
結果は次のとおり。

CIFAR-10のモデルの学習(30万ステップ)

  • 旧母艦PC(GPU版TensorFlow):124分・5,161examples/sec(1.00)
  • 新母艦PC(GPU版TensorFlow):79分・8,101examples/sec(1.57
  • 新母艦PC(CPU版TensorFlow):20時間・530examples/sec(0.10

うぅぅぅ、1.57倍高速… たったそれだけ? そりゃぁ~期待は大きかったですよ。だってね、ハイエンドの部類のグラフィックボードを買ったんだからさ (T_T)
まぁそれでも、GPUを使う意味はあるのよ。新母艦PCのGPUで79分かかった処理を 同じ新母艦PCのCPUにやらせたら、なんと20時間かかった。つまり、CPUの場合よりGPUの方が15倍高速ってことになるね。
思ったような性能向上はなかったとは言え、20時間の待ち時間が GPUを使えば79分になるわけだから、これはこれで嬉しい結果よね \(^o^)/

※注意事項: きのうの日記で触れたように、GPU版TensorFlowを使うために必要なCUDAライブラリを 新母艦PCにインストールできなかったので、裏技を使ってインストールしました。したがって、上記の新母艦PC(GPU版TensorFlow)に関する計算結果は、参考程度と考えるべきかもしれませんね m(._.)m

ゲームをやるなら新母艦PCのパワーをもっと感じられるかもしれないね。少し前の日記に書いたベンチマーク③(FINAL FANTASY XV)の結果を見れば明らか。ただなぁ、私はゲームをしないからなぁ (~_~;)

 

簡単なまとめ

私の使い方の場合、ザックリとですが 旧・新母艦PCの実行速度の違いは、CPU使用率が高ければ2倍程度GPU依存度が高ければ1.5倍程度だってことが分かりました。使い心地には総じて満足はしているんだけど、30万円投資してその程度なのかって考えちゃうのよね。
まぁ、それだけ待ち時間が減ったっていうことなんだけど、もうちょっと高い倍率だと もっと嬉しかったんだけどなぁ ^^;

そうそう、AppleはGPU用のグラフィックスAPI「Metal」で足回りをコツコツと・しっかりと固めてきているのよね。そういうところは流石だなぁって思うよ。
そんでね、もしAppleが採用するGPU(AMD Radeonシリーズ)でもと言うか、もしmacOSでもGPU版TensorFlowが使えるようになったら、5月に処分しちゃったmacOSマシンを再導入したいと思ってるのよ。まぁ、macOSでGPU版TensorFlowが使えるようになるには、まだまだ時間がかかりそうだけどね ^^;
macOSマシンにしろWindowsマシンにしろ、最近ではeGPUが熱くなりつつあるから、GPU界隈は また楽しみが増えたのよ (^^)v

 

 

さぁってと、きょうは久しぶりに私の鹿島アントラーズの試合があるんだよ。アウェーでの天皇杯3回戦(FC町田ゼルビア戦)なのよ。

日本代表組のCB二人が不在だし、2ヶ月間試合がなかったし、相手を格下だと思って舐めてかかると痛い目にあうよ! 引き締めて行きましょう!
攻守ともにガッチガチのガチでぶつかり、勝利を手にすることを期待しているよ (^^)v