ホーム > 再就職 > 雇用保険説明会

雇用保険説明会

暖かいですねぇ。朝は雨だったけど、いまは陽が照ってます。
きょうは雇用保険説明会。宇都宮ハローワークに行ってきました。
再就職までの手順や手続き、注意点などをわかりやすく説明してくれました。

朝一番の出欠の確認のときに「雇用保険受給資格者証」をもらいました。
なくさないようにしないとね。あぶないからなぁ~、わたしの場合。

雇用保険の失業等給付を受けるには、

  • 働く意思:働こうとする積極的な気持ちがあり、
  • 働く能力:働くことができる状況であり、
  • 求職活動:働く機会を求めていること、

が必要なんだって。ごもっともです。
で、4週間に一度、この条件を満たしつつ失業状態であったかどうかを認定してもらいます。
それが失業認定日で、失業認定申告書を提出します。
この申告書には、求職活動をした日付やその内容はもちろん、内職やアルバイトで得た収入・日付も記入しなければなりません。
ドキッ! 収入って、株式の売買によるものも含まれるのかなぁ?(損失ばかりで収入なんてないけどね)
説明会終了後にこっそり聞いてみたら、雇用関係による収入じゃないから関係ないとのことでした。

求職活動について驚いたのは、ハローワークの端末で求人情報を検索するだけではだめだってこと。
求人申込み(履歴書送付や面接など)をしたり、ハローワークで職業紹介を受けたりしないとだめなのよ。
ほかにも条件はあるけど、このような求職活動を最低2回、次の失業認定日までに行わないといけない。
うぅ~ん・・・「充電中」なぁ~んていう野郎に給付なんかしないのであります!
労働は日本国民の義務なのであります!!

働く意思も能力もあって、求職活動をしてもなお再就職先が見つからない場合に、給付を受けられます。
わたしの場合、被保険者期間が10年以上20年未満で自己都合離職だから、給付日数は120日。
でも、自己都合なので3ヶ月間の給付制限を受けます。
つまり、給付を受けられるのは4月下旬からとなります・・・なるほど。

わたしの最初の失業認定日は2月3日。
まず、はじめてハローワークに行ったときの手続きなどが「求職相談」という求職活動内容。
そして、きょうの雇用保険説明会が「説明会」という求職活動内容。
合計2回。一応、次の(最初の)失業認定日までの条件はクリアしてるんだって。
次の次の失業認定日は4月28日だから、腰をすえて求職活動ができます。

ハローワークには求人情報端末だけでなく、「専門的な窓口」や「求職活動支援セミナー」もあります。
専門的な窓口は、予約制・個別対応が特徴で、

  • 早期就職支援コーナー
  • 再チャレンジプランナー
  • コンサルティングコーナー(カウンセリング)

の三種類。再チャレンジプランナーとコンサルティングコーナーに行ってみようと思います。
また、求職活動支援セミナーには、基本講座とオプション講座があり、特に、基本講座には、

  • コース1:就職活動準備と自己理解
  • コース2:応募書類の書き方
  • コース3:面接対策

があって、どれも「講義」と「演習」がセットになってます(3時間)。すべてのコースに参加してみます。
ちなみに、オプション講座は、中高年者(55歳以上)と若年者(35歳以下)が対象だそうです。

ほかには「職業訓練制度」があります。
雇用保険説明会の終了後に、職業訓練に関する説明会も開かれてました。
わたしは参加しませんでしたが、参加者はほとんどが若年者でした。若いっていいねぇ~。

さぁ~、シャキィ~ッ!としなきゃね。

【きょうのCD】

Corridors Of Power
Gary Moore
EMI

★★★★★

※週末は本棚を組み立てて、本や小物の整理・整頓をするぞぉ~! ってホントにやんのか?

広告
カテゴリー:再就職
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。