ホーム > コンピュータとインターネット, > 気になってはいるけど、まだ読んでいない本

気になってはいるけど、まだ読んでいない本

ITやSFを除くと、去年、結構目に入ったのは、

  • マイケル・サンデル
  • P.F.ドラッカー

の二人ですかね。
雑誌やテレビで目にすることが多かったですよ、ホント。

で、この二人に関連する書籍で、読んでみたいなぁ、と思っているのは、次の2冊。

マイケル・サンデル:これからの「正義」の話をしよう
 マイケル・サンデル,これからの「正義」の話をしよう早川書房

岩崎夏海:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
 岩崎夏海,もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
 ダイヤモンド社

どちらもテレビで知ったんだけど、うぅ~ん、と唸っちゃったのがマイケル・サンデル。
現役のハーバード大学教授で、NHKで公開講義が放映されてたのよ。

ハーバード白熱教室

正月に再放送してたので、12回分すべて録画して、ちょっとずつ見てるんだけど・・・
聴く力に欠けるわたしには、なかなかすんなりとは頭に入ってこないんだよねぇ。
暇なときや寝るときに見てるから、なおさら頭に入らないんだなぁ、きっと。

これらの本を買うのは簡単だよね、amazon で「ポチッとな」すればいいんだから。
でも、これからは、本や雑誌はなるべく電子書籍にしようと思ってるんだ。
だから、電子書籍リーダーを何にするか決めるまでは、なるべく買わないことにしてんのよ。
今のところ、最有力候補は、

SONY Reader

なんだけど、これだとカラーバリバリの雑誌を読むのに難ありでしょ。
しかも、Reader Store では、そんな雑誌自体が売られてない。
そうなると、残るは Apple iPadSHARP GALAPAGOS メディアタブレット かになっちゃう。
じゃぁ、このどっらかにするかっていうと、そうでもないんだなぁ。
バッテリー駆動時間が短い(1日もたない)ことを除いても・・・

  • iPad だと、本や雑誌が「アプリケーション」として販売されていることがほとんどなので、電子書籍リーダーソフトウェアを統一できない。
  • GALAPAGOS(メディアタブレット)なら、購入した本や雑誌をスマートに管理できるけど、これがスタンダードになるかって自問すると、ちょっと不安。

今後いろんなタブレット端末が出てくるので、それらを見てから決めようと思ってるんだ。
まぁ~、読みたい本や雑誌がちゃんと販売されてて、自炊(自分でスキャンして電子化)したものもちゃんと見れる、っていう二つを同時に満足させてくれる端末・サービスは、当分無理なんだろうなぁ。

  • 文字主体の書籍は、目にやさしく駆動時間の長い Reader(しかも価格がお手頃)で。
  • カラーバリバリの雑誌や自炊したものは、iPadなどのタブレット端末で。

ってことになっちゃうような気がしてます。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. 2011年1月19日 21:45

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。