タブレット型端末

なぁ~んにもしない日々が続くと、自然とネタ切れになるもので・・・今回もPCネタで。
どれにしようかと悩んでるタブレット型端末ですが、結局、購入せずに「先送り」ってことになりました。
日本人は得意ですよね、「議論して」、「先送りして」、やると決めても「とりあえず・・・」。
これじゃぁ競争に勝てるわけないですよ。

自戒するのはこれくらいにして・・・本題です。
巷でかなり盛り上がってる感じの電子書籍端末(というかタブレット型端末)。
わたしの場合、何に使いたいというと、

  1. 電子書籍リーダー
  2. AV端末
  3. お手軽パソコン

として使いたいんだなぁ。
室内・野外を問わず使いたいわけだけど、主に1番目(電子書籍リーダー)かなぁ、利用頻度でいうと。
じゃぁ、読む対象はどんなかというと・・・

  • 購入・自炊(自分でスキャン)した本:モノクロで文字主体
  • 購入・自炊した雑誌        :カラーで写真・図表を多く含む

の2種類。
また、電子書籍リーダーとして使う場合には、単体でのネットアクセスは必須ではないよぉ~。
もちろん、ネットアクセスできるに越したことはないけどね。

一方、AV端末として使う場合は・・・

  • 室内(自分の部屋)で利用
  • カラー表示(グレースケール表示でもOK)
  • 単体でのネットアクセス必須

また、お手軽パソコンとして使う場合は・・・

  • 室内・野外を問わず利用
  • カラー表示(グレースケール表示でもOK)
  • 単体でのネットアクセス必須

いまのところ、どんな機種を候補に挙げているかというと、次の4つかなぁ。

  1. SONY Reader Touch Edition(6型)
  2. SHARP GALAPAGOS メディアタブレット(10.8型)
  3. Apple iPad(Wi-Fiモデル・10型)
  4. Android 端末

前述の利用用途について、すべてを1台で済まそうとすると、1番と2番は没になっちゃう。
特に1番の SONY Reader は、軽くて・電池寿命が長くて・目が疲れない(液晶ではなく電子ペーパーを採用)ので、非常に残念。
3番と4番については、電池寿命が短いという欠点もあり、現行機種ではいまひとつ。
春ごろになれば各社から新機種が投入されているはずなので、その時にまた考えればいいかなぁ。

電子書籍ストアの品揃え、購入もの・自炊ものを管理する方法の便利さ・スマートさも重要。
でも、これについては、どれもこれもいまひとつなので、仕方ないなぁ。

Tablet_01_SONY Reader
 SONY Reader Touch Edition(6型)

GALAPAGOS
 SHARP GALAPAGOS メディアタブレット(10.8型)

Tablet_02_Apple iPad
 Apple iPad(Wi-Fiモデル・10型)

Tablet_03_TOSHIBA Tablet
 Android 端末(TOSHIBA Tablet・10型

個人的には・・・今春発売予定の TOSHIBA Tablet に期待してるんだ。
期待どおりなら、これと iPad 新モデルとで、かなり迷うと思うなぁ。
それとね、SONY Reader の大画面モデルが発売されれば、それはそれでグ~。

結局、どれにするか決められなぁ~い・・・ 困った
そうそう、日本のメーカーも出している競合完成品については、多少高くても日本製を買います。
例外(いま現在、AppleDellTUMI の3つ)もあるけどねぇ~。

※室内 LAN にメディアサーバー機能付きの NAS を繋げてるんだけど、これが結構便利。
 4テラバイトの容量があるんだけど、もうそれも一杯なので、そろそろ増設する予定。
 どうするかはもう決めてある(ないのは先立つものだけ)ので、また報告しまぁ~す。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。