ホーム > テレビ, ニュース, 雑誌 > 民放TV局の地震報道に思うこと

民放TV局の地震報道に思うこと

以前、建設会社に勤務していたとき、

  • 地震・地盤振動
  • 液状化対策
  • 原子力発電所の港湾施設の耐震設計

などの業務を行ったこともあり、そういう目でTVを見る瞬間はある。
だが、地震報道を(それこそ真剣に)視聴する人々にとって、一番重要なのは、きっと安否確認じゃないのかなぁ~。

twitter では、それこそ親類・知人の安否確認の Retweet が飛び交ってる。
心配だけど連絡がつかず、twitter に望みを託してるんだよ、きっと。
正直、民放TV局の地震報道は、ほとんど役にも立っていないと思う。
むしろ、

  • 噛みまくりで、ろくに地名も読めない
  • 何か喋らなければと思うのか、学者への的外れな質問

なんかを目の当たりにすると、無性にイライラさせられる。ガマン
報道はとても大事だが、こうも横並びで同じような放送(しかも、ほとんど無益)ばかりでは、なんのための公共放送(TV局は例外なく電波帯域を超格安で利用している)か。
同じような放送はひとくくりにして、どこか1局で十分だよ。

わたしに良いアイデアがあるわけではないが、被災して苦しんでいる人々、それを案じる親類・知人の方々にとって、少しでも役に立つような何かをしてほしいよ、TV局には。
震源からとても遠いところにいるわたしには、TVもラジオも携帯もネットも、すべて使える。
でも、被災した方々はどうだろう? ラジオくらいじゃないのか? そのラジオを持っているのか?
今回の地震をきっかけに、次に備えた何かを始めてほしいなぁ~、ほとんど役に立ってないTV局。
何かが何かはわからないんだけどね、わたしには。

そうそう、東京では、電車が不通になったことで、徒歩で帰宅する人々の様子が放送されていた。
当然ながら混雑しているので、牛歩のよう。
歩道橋の上も人がいっぱいだったんだけど、この「群衆荷重」状態は非常に危険。
本震で地盤や基礎の耐力が低下してるとして、おまけに群衆荷重状態で、そんなところにちょっと大きめの余震が来たら・・・なぁ~んて考えただけで、ヒヤヒヤもんでしたよ。
TVでは「徒歩での帰路、お気を付けて」みたいなことしか言ってなかった。

 

文句ばかりのわたしこそ、何の役にもたってません・・・ 気持ち悪い

 

※アメ公が表明した「支援の準備がある」は、やはり軍隊ベースでしたね。
 被災地支援について、日本の自衛隊以上の経験や知識、使命感が連中にあるとは思えないが。
 アメ公どもへのお願い、、、頼むから邪魔だけはしないで。
 そうそう、米軍が保有している輸送機(陸用・海用・空用)は被災者救援の役に立つかも。

広告
カテゴリー:テレビ, ニュース, 雑誌
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。