ホーム > ニュース, 生活, 震災, 仕事 > 馬車イヌ

馬車イヌ

のように働いてました(在宅アルバイト)、水曜日からさっきまで。
被災された方々、必死に復旧・救援作業をされている方々に比べれば、チョロイっすよ、こんなの。
でも、、、

   頭の中がぼぉぉぉ~っ 幽霊

多少は慣れてる系の作業だったとはいえ、ちょっと体調もおかしい。
いきなりフルスロットルのロケットスタートはイカンなぁ。
反動で急ブレーキだよ。

 

ところで、、、
東電福一の原発事故に関して、いろんなメディアで解説されてますね。
TBSラジオ小島慶子キラキラの火曜日の放送は、なかなかグぅ~でした。

福島第1原発解説①(出演:長崎大学病院 国際ヒバクシャ医療センターセンター長 山下俊一 教授)

福島第1原発解説②(出演:TBSラジオ 崎山敏也ニュースデスク)

福島第1原発解説③(出演:政治ジャーナリスト 上杉隆)

小島慶子キラキラ

 

上杉隆さんの③は凄いよ、

   これが真実なんだ! イライラ

と思う。
彼のポッドキャストは1週間で削除されちゃうので、早めに是非聴いてください。
これを聴くと、わたしも自分の間違いを反省しなければならないなぁ・・・あまり多くはないはずだけど。

上杉さんは、3月いっぱいで同ラジオ番組のゲスト出演を降板する今回の放送がきっかけではないが)。
これで、上杉さんが出演できるラジオやテレビの番組って、ほとんどなくなっちゃったんじゃないの?
既存メディアは自分たちの権益を守るために、自分たちのフィールドから真実を伝えるジャーナリストをこうやって追い出していくんだな?
でもね、こんなことは、そう長くは続けられないんだよ。
今回の大震災を振り返り、山ほどの問題を検証するときが遠からず必ずやってくる。
その際、

   政府・省庁の情報囲い込み 激怒既存メディアの偏向・虚偽報道 悪魔

は、検証必須問題として(絶対に)あがるはずだ。
震災で多くを失ったし、これからも失うことになるけれど、国民に真に開かれた国になることは、数少ない得られるもののひとつかもね・・・そうあってほしい。

 

※吉田戦車だったと思うなぁ・・・「馬車イヌ」っていう表現。

広告
カテゴリー:ニュース, 生活, 震災, 仕事
  1. 2011年3月18日09:13

    政府・省庁の情報囲い込みと既存メディアの偏向・虚偽報道のこれまでの過ちを誰が検証するのか?って考えてみると・・・
    うぅ~ん、政府・省庁や既存メディアが謙虚に検証するか?
    ・・・検証する問題にそれらを取り上げない可能性大。
    となると、フリーランスのジャーナリスト達だけが頼りか?
    ・・・検証結果や提案は、既存のメディアには載らないだろうなぁ。。。
    北アフリカの政変のように、いつかは蟻の一穴のように、一気に進むことを期待したいよねぇ~。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。