ホーム > ファイナンス, 生活, 震災 > こんな時にシステム障害のみずほ銀行

こんな時にシステム障害のみずほ銀行

20110321_01_みずほ銀行謝罪20110321_02_みずほ銀行謝罪
 記者会見での頭取の謝罪(左)と 新橋支店の様子(右)

呆れるばかりである! 悪魔
そういえば、2兆円の公的資金を受け入れてましたよねぇ~、この銀行。

もう返しましたよ、2兆円

っていうのは、言い訳になりません。
明日必要な100万円の融資を受けられず、どれだけ多くの零細企業が倒産に追い込まれたか。
ふつうの企業なら、みずほ銀行なんぞはもうこの世にありません。

そんなわたしのメイン糞バンク、みずほ銀行ですが、いまシステム障害でお金を引き出せません。
いつもは近くのローソンで引き出してるんだけど、全国のみずほ銀行のATMが営業ストップ状態。
わたしの財布の中には千円札が3枚だけ・・・心細いこと。

支店窓口は休み中も営業しています

とは言うものの、わたしの住まいからでは、最寄りのみずほ銀行まで、往復1500円ほどかかります。
バス乗って・電車乗って・1500円かけて引き出しに行くなんてのは、あり得ません。

だいたい、

   アクセスやトランザクションが集中してシステムダウンなんてのは論外 激怒

なんだよ!
こんな糞システム支えるために、我々は今まで手数料払ってたのか?

思えば、この銀行のシステムは合併当時からユーザーに迷惑かけっぱなしだな。
旧第一勧銀の支店では旧富士銀行の通帳記入が行えない、なんてのがかなり長い間続いたよ。

第一勧銀のシステムと富士銀行のそれとはシステムが異なるので、統合に時間がかかるんです!

ってのが当時の言い訳だったな、そう言えば。

   上から目線・・・本人たちは気付いてない

統合準備期間はかなりあったはずだろうが。

なぜこんなに苛立っているかって?
きっと、

   莫大な公的資金で倒産せずに存続し、行員は高給をむさぼり、コスト縮減を理由にシステムの
   信頼性と性能の向上をおろそかにしてた

ってのが、当たらずといえども遠からずってとこじゃねぇ~の?
東京証券取引所と大阪証券取引所がそのいい例だよ。

東証はライブドアショックごときでシステム障害を起こして世界中に恥をさらしたけど、昨年導入した新システム「アローヘッド」で、今回は(回線不具合はあったものの)余裕で乗り切ってる。
大証は今年導入した新システム「J-GATE」で、これまた余裕で乗り切ってる。

どちらの新システムも、処理能力を数倍にした、って程度じゃないんだよ。数百倍だよ!
大事なのは、事が起こる前に対策を打ち、それが功を奏したってことなんだよ。
必要なことをずっとやらずに来たみずほ銀行に、同情の余地はまったくありません。

そうそう、もし「システムの更新をおろそかにしてない」ってことなら、もっとまずいことになるね。クール

 

※この銀行、いつになったら税金払うんだ? 今年からか?
 それと、日本中の大企業がおかしなことになってなきゃいいんだが・・・

広告
カテゴリー:ファイナンス, 生活, 震災
  1. 2011年3月22日08:32

    3/22の朝イチ、みずほ銀行がATM取引再開とのニュース。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。