ホーム > モバイル, 仕事 > ICレコーダ

ICレコーダ

前々から欲しかったICレコーダ
普段使ってるスマフォでも代用できるんだけど、”確実にちゃんと録音する” って場合には、スマフォのはちょっとねぇ~。
スマフォのはどちらかというとボイスメモって感じで、規模にもよるけど、会議や打ち合わせとかを録るのには向いてないでしょ。

これはカメラにも言えることだよねぇ。
スマフォのカメラだけを使っていれば ”これで十分だよなぁ” って思うんだけど、同じときに同じ場所をデジカメで撮ったものとパソコン上で比べるみると、結構ちがうもんでしょ。
”どっちを報告書で使う?” って問われたら、十中八九はデジカメで撮った方を選ぶと思うよ。

で、会議の様子を録音するのにICレコーダをはじめて使ったのは大学にいるときだったんだけど、

   おぉぉ~っ、そこそこ録れるもんだなぁ 恥ずかしい

って思ったわけよ。
当時使っていたスマフォ(iPhone 3GS)で録ったものよりも、聞き取りやすかったんだよね。

これからは個人で仕事をしていくわけだら、レコーダも必要だなぁ~と思って、購入することにしたんだ。
購入目的・条件は、

  1. 打ち合わせや会議の備忘録用として使う。
  2. 電話で取材することもあるから、通話録音もできるようにする。
  3. 隠し録りするわけじゃないから、操作性を考慮して、サイズは大き目のものの方がよい。
  4. 高級機でなくてよい(経済性重視)。

ってことかなぁ。
家電量販店に行っても実機でいろいろ試せるわけじゃないので、ネットの記事を漁って調べました。
結局、購入したのはコレ。

TASCAM DR-5OLYMPUS TP7
 ICレコーダ TASCAM DR-5(左)と テレホンピックアップ OLYMPUS TP7(右)

 

2点合わせて税込みで 11,272円。どうよ? なかなかでしょ。
ICレコーダの選定においては、次の記事を読んでこの機種に決めました。

TASCAMの低価格24/96対応PCMレコーダを試す
~楽器チューナも備えて実売1万円の「DR-05」~

Impress WatchAV Watch,藤本健のDigital Audio Laboratory,2011年3月14日

 

ICレコーダは大きめのものをと思ってましたが、実際手に取ってみると、”少し大き過ぎかなぁ?” って感じです。
テレホンピックアップについては、うまく機能するかどうか少し心配だったんだけど、届いた実物で実験したところ、バッチグゥ~でした。

なかなかいい買い物をしたと、自己満足しています。

 

※ICレコーダの購入のきっかけは、iPhone では通話録音できないってわかったことなんだ。
 もちろん、通話録音できるようなソフトを開発することはできるはずなんだけど、アメリカの法律か何か
 が障害となっているらしく、そういうソフトは Apple の AppStore の審査を通らないんだって。

広告
カテゴリー:モバイル, 仕事
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。