ホーム > 震災, 廃棄物, 建設業 > 放射性汚染水の大量放流について思うこと

放射性汚染水の大量放流について思うこと

放射性汚染物を含む水を海へ大量に放流したことで、政府・東電が非難されてますね。

放流しなければ、より大変な事態になった

というのはよく理解できる。
関係者も放流しなくて済むのならその方が良いことくらい、わかっていることだろう。
仕方のない処置だったということを、わたしも受け入れてますよ・・・半分は。

でもね、残りの半分では承知できない思いなんだよなぁ。

  • 放流せざるを得ない事態は予測可能ではなかったか
  • 放流による国内外への影響を考えれば、事前に告知すべきではなかったか

放流防止策を検討・実施するのと並行して、放流せざるを得なくなったときのためのことを先読みした行動を起こしておかねばならなかったよなぁ。
国内の水産業はすでに大きな打撃を受けていたところなのに、この汚染水放流で追撃されちゃったでしょ。
ロシアは自国への悪影響を、韓国も懸念を表明している。

   散々日本から奪い・奪い続けているこの2国に、特大の外交カードをみすみすくれてやる

ようなことになったんじゃないかな。
好かん2国だが、政府・東電の愚にも腹が立つよ。

 

きょうの未明、汚染水の漏出を止めることに成功したみたいだね。

  1. コンクリートでの止水失敗で非難され、
  2. 吸水性ポリマー(と新聞紙とおがくず)での止水失敗で非難され、
  3. 入浴剤で漏水経路を探ろうとして非難され、
  4. 水ガラスでようやく止水に成功した模様

漏水防止としての手順であること(だけ)を考えれば、そんなに非難されるほど悪いもんじゃないよ。
通常なら3番の漏水経路の確認を最初にしなければならないんだけど、コンクリート打設によりかなりの確率で止水可能だと判断して、緊急性を優先して実行したんじゃないかなぁ。
目論見通りに止水できれば、その後に漏水経路を調査することで、どの程度止水できたか・ほかの漏水経路がないかなどを確認できる・・・って考えたんだろうって思いたいよ。

入浴剤の投入については、フリーランスのジャーナリストがかなり非難しているが、入浴剤は、

  • 容易にかつ大量に入手することが可能である
  • 波浪で被災した海面処分場の鉛直遮水工からの漏水経路調査に使用された実績がある

ってことを知らないんだなぁ。
現地の波浪状況から綿密な調査なんてかなり難しいことを考えれば、”蛍光トレーサーかバスクリンか” って問われたら、わたしは ”ありったけのバスクリンを投入する” 調査方法を選ぶよ。
もちろん、蛍光トレーサーを信じられないくらい大量に入手することが可能なら別だけど。

昨晩のニュースの深層では司会の上杉隆氏やゲストが、

白い入浴剤ではすぐに拡散してしまうし、それに夜になったら見えなくなる!

なぜ入浴剤を使ったのか、まったく理解できない!!

と言っていたが、これは綿密な現地調査がどの程度可能なのかを知らずに語った ”ド素人発言” だと思う。
わたしには入浴剤の使用を理解できるよ。

ただ、彼らのようなフリーランスのジャーナリスト達の活動に頭が下がる思いなのは変わらないよ。
昨晩の放送を見て、東電の記者会見に対するスタンスには呆れるよ(もちろん、真実ならばね)。

  • 東電の会見は突然始まるため、記者は常に会見場に詰めていなければならない
  • 今後どうするかというアピールはするものの、原発の現状については把握していない(隠してる?)
  • 懸案事項各々の責任者が誰かわからない

引き継ぎ要員なんていないフリーランスのジャーナリストは、それこそ風呂には入れないし、睡眠だってロクにとれない。
東電が情報開示に消極的だと見てとれるのは、本当に ”できるだけ隠したい” と思っているのか、それとも本当に ”能力がない” のか、どっちなんだ?
そうそう、放射能で汚染された水による海洋汚染については、かなり前から会見場で質問・指摘していたジャーナリストがいるらしく、もしそれが本当なら、東電に対する同情の余地はどんどん減る一方だね。

 

最近、メリルリンチが東電福一の原発事故とチッソの水銀問題とを比較したレポートを顧客向けに配信したらしく、いまでは証券関係者に広く伝わっているらしい。
水俣病補償でのチッソと今回の原発事故の東電が同じようなもんだとすると、もう従前のままの電力会社として生き残ることはできないんだろうなぁ。

ちなみに、現在の東京電力(9501)の株価は 300円を少し超える程度まで下落。
一時は 293円の安値を付けました。

 

※核兵器保有国に今回のことを非難されたくないね。特に、空気中で核実験をやってきた連中には。
 日本はどんなに非難されても、日本にとって正当な理由を主張し続けなければならない。それに、前述の
 2国にこれ以上たかられるなんて御免だよ。

広告
カテゴリー:震災, 廃棄物, 建設業
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。