アーカイブ

Archive for 2011年5月

パオロ・バチガルピ『ねじまき少女』

またまた本 学校 の話題です・・・SFね。

先日届いたメルマガ「ハヤカワ・オンライン・ニュース」の

ハヤカワ・オンライン・ニュース(2011.05.30,vol.123)からの抜粋

【主要SF賞を独占した本年度最大の話題作登場!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 石油が枯渇し、エネルギー構造が激変した近未来のバンコク。
 少女型アンドロイド・エミコの冒険を描く本格SF。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2000年代の海外SF界は、グレッグ・イーガンとテッド・チャンの時代でした。

 ここにご紹介するパオロ・バチガルピは、永らく求められていたイーガン、チャンを超える可能性を秘めた新鋭作家です。このたびハヤカワ文庫SFから刊行されたバチガルピの第一長篇『ねじまき少女』は、2010年の主要SF賞4賞(ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、キャンベル記念賞)を独占。そのなかでも特に権威のある二大SF賞(ヒューゴー賞、ネビュラ賞)を第一長篇で獲得したのは、あのウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』以来の快挙です。“いま最先端の”SFが読みたければ、まず第一に読むべき、この『ねじまき少女』をご紹介しましょう。

 石油が枯渇し、エネルギー構造が激変した近未来。穀物は謎の伝染病で壊滅的被害を受け、耐病性のある遺伝子組み換え作物しか栽培できなくなっており、作物を供給する少数のカロリー企業によって世界経済は支配されている。タイ王国の首都バンコク、石油にかわってエネルギー供給をまかなっているゼンマイを開発している工場のオーナーであるアンダースン・レイクは、ある日、市場でこれまで見たことのない異形の果物ンガウを目にする。そして、奇妙な外見と芳醇な味を持つこの果実の謎を追い始めたアンダースンは、ある夜、クラブのステージで踊る少女エミコに出会う。エミコは、日本製の少女型アンドロイドだった……。

 二人の出会いは、やがて地球温暖化の影響で水没の危機にあるバンコクの、ひいては世界の運命を大きく変えていくことになります。

 バチガルピは、「地球温暖化」「遺伝子組み換え食物」「化石燃料の枯渇」「人型ロボット」といった現代社会のトピックの行方を考察、それを作品に盛り込むことでリアルな近未来社会を描き出すことに成功しています。イーガン&チャンの鮮烈さとマイクル・クライトンの近未来エンタテインメント性をあわせもった話題作『ねじまき少女』を、ぜひお読みください。

『ねじまき少女』(上下)
http://www.hayakawa-online.co.jp/02c6/ http://www.hayakawa-online.co.jp/02c7/

ねじまき少女(上)ねじまき少女(下)

って記事を読んで、ピカッ ひらめき ときました。
わたしはね、グレッグ・イーガンテッド・チャンも大好きだし、おまけに日本製のアンドロイドとくればねぇ・・・amazon でポチッとな。
そうそう、先日紹介した短編集、フィリップ・K・ディックアジャストメント』を早いとこ読んじまわないとなぁ~。

 

紹介ついでに・・・グレッグ・イーガンとテッド・チャンのわたしのお勧めはこれ。

宇宙消失順列都市(上)順列都市(下)ディアスポラ
 わたしのお勧め(グレッグ・イーガン): 宇宙消失、順列都市、ディアスポラ

あなたの人生の物語
 わたしのお勧め(テッド・チャン): あなたの人生の物語

カテゴリー:SF,

フィリップ・K・ディック

これまた久しぶりに本を読みました・・・フィリップ・K・ディックね。
フィリップ・K・ディックと言えば、作品がそれこそ山ほど映画化されてますよね。
映画化されたものの中で私の一番のお気に入りは、リドリー・スコット監督のブレードランナーかな。

ブレードランナーアンドロイドは電気羊の夢を見るか?
 映画『ブレードランナー』と 原作の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

 

でね、今回読んだのは『アジャストメント』で、公開されたばかりの映画『アジャストメント』の原作を含む短編集なんだ。

アジャストメント
 フィリップ・K・ディックの短編集『アジャストメント』

 

まだ映画は観てないけど、原作はそこそこ面白かったよ。
映画化にあたって、どのくらいエンタメ化されてるのか楽しみだけど、劇場で観るかどうかは微妙ぉ~。

原作に出てくる調整員(班かな?)って、映画『ダークシティ』の黒づくめの集団とかTVドラマ『フリンジ』の監視人を思わせるんだ。
この調整員がモデルになってるんじゃないかと思うほどだよ。

あと、短編集の作品で読んだのは『にせもの』。映画『クローン』の原作ね。
映画はだいぶ前に観てたんだけど、映画と原作とではやっぱちょっと違う。どっちも面白いけどね。

ダークシティフリンジ(ファースト・シーズン)コレクターズ・ボックス1クローン

 

残りの短編は、ボチボチ読むことにして・・・
短編の良いところは、

ちょっと読もっかなぁ~

ってときに読めることだね。

 

※フリンジに出てくる監視人は、きっと最後にはキーパーソンになるんだろぉなぁ~。そうであってほしい。
 そうそう、監視人はフリンジの全話に登場していて、どこに出てるか”監視人探し”も面白いよ。

カテゴリー:映画,

ハリー・ポッター

やらなきゃいけない!って思いつつ・・・また映画観ちゃいました。恥ずかしい

ハリー・ポッターと謎のプリンスハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
 ハリー・ポッターと謎のプリンス(左)と 同 死の秘宝 PART1(右)

 

ハリー・ポッターは、1作目の賢者の石ともう1作くらいは観た記憶があるんだけど、また一から全部観る元気はないので、今回は直近の2作にしました。

う~ん、やっぱ間をフッ飛ばすと伏線が分からないので、楽しさ半減ですね。
それでも終わりに近づいてるってことは分かるので、次作(最終回)も観たくなっちゃいましたよ。

 

ところで、まだモヤモヤと頭に残ってるソーシャル・ネットワーク。消化しきれないんだなぁ~。
で、消化不良が少しでも治ればと・・・

ハーバード白熱教室 第8回「能力主義に正義はない?

ハーバード白熱教室

のビデオを見直してみました。
努力、才能、能力、貢献、報酬などのキーワードが出てくるんだけど、奥が深くてよく分かんないの。
なので、この映画に対する不愉快感とか消化不良とかは・・・そのまんま。

どこかにソーシャル・ネットワークの解説かなんか、落ちてないかなぁ~。
もしいいのをご存じでしたら、教えてください。

カテゴリー:生活, 映画

久しぶりの打ち合わせ

きのうの午前中、仕事(になるかもしれない案件)の打ち合わせに行ってきました。
世の中不景気なので、没になっちゃうかもしれないけど、前向きに考えなきゃね。
仕事をいただく側なのに、お昼ご飯をごちそうになっちゃいました。
急いで概算見積書を作んなきゃ!

 

で、久しぶりの打ち合わせの後は、久しぶりの映画鑑賞をしました。
よく行く TSUTAYA でレンタルしてきてね。

レッドソーシャル・ネットワーク

 

1作目は有名どころがたくさん出てる(最近のトレンド?)レッド

内容なんてなぁ~んにもない映画だけど・・・結構好きだなぁ~、この映画。
ブルース・ウィリスモーガン・フリーマン好きなわたしだから、贔屓目で観ちゃうのかも。
がんばれ! おじさんっ!(おじいちゃんかな?)

 

2作目は説明不要だね・・・ソーシャル・ネットワーク

どの程度実話なのかは分からないけど、登場人物は実名なんだね。日本じゃできないだろうなぁ~。
で、結構考えさせられるね、この映画。

  • アイデア”、”ひらめき”ってすごく重要だなぁ~
  • 能力”って何だ?

ってね。

アイデアって、オリジナルってことでしょ。これはね、ちゃんと認識してなきゃだめだよね。
どのアイデアが誰のオリジナルなのかってのを忘れたり・無視したりしたら、ただの欲の塊だよなぁ~。

それとね、能力を発揮さえすれば(発揮できる人が)正義なのか? って。
バリバリの競争社会では、

能力を発揮できない者は去らねばならない

っていうルールがシステムに組み込まれてるみたいだけど、これも消化できないなぁ~。
ホワイトカラーの経済効率が(たぶん)ぶっちぎりで低い日本が、贅肉落としたり・ボウフラ除去したりするのにはいいルールかもしれないけど、長い目で見たとき、決して良い方向には進まないような気がする。
なぁ~んか、成果主義が成功しなかったのとダブっちゃうんだよなぁ~。

考えさせられたけど、正直、不愉快な映画でした。
でもね、ただただ不愉快感しか残らなかったインフォーマント!グッド・ウィル・ハンティングに比べたら、この映画はレンタル代くらいの価値は十分にあると思うよ。

 

3作目のスプライスはクソでした。絶対に観ないことをお勧めします。
って言わなくても、誰も観ないか・・・

 

※なかなか「小久保裕2.0」に向けたエンジンがかからないんだなぁ~。

カテゴリー:映画, 仕事

ご無沙汰です・・・

5月はほぼ完全停止状態になっちゃってました。
が、これまでの話題をいくつか。

 

その1:お土産

友達からGWのお土産をいただきました。スマイル

2011-05-15_01m

ビールのおつまみにピッタリの「マファール」と ご飯のお供にバッチグ~の「高菜油炒め」。
どちらも食べ始めると後を引くんだよねぇ・・・ついついたくさん食べちゃう。
いやぁ~、地味だけどこういうお土産はとってもうれしぃんだなぁ。ウインク

 

その2:ゴルフの練習

先週の火曜日だったかな、ゴルフの練習に行きました。
一人練習ではなくて、元職場の大学のN准教授とK学術研究員の3人でね。
Nさんは10年以上前からの知り合い、Kさんはゼネコン出身でわたしの後任なんだよ。
やっぱ、みんなで練習に行くってのはいいねぇ・・・黙々と球を打ち続けちゃうってことがなくて。
1時間くらいでしたが、わきあいあいで、それでいていい練習ができました。
次回の練習は飲み会付きにしようってことになりました。もちろん、飲み会メインですが・・・

 

その3:ゴルフ

日曜日のきのう、ゴルフに行ってきました。
先月誘ってくださった方々とのラウンドで、1ヶ月に一度、こういうコンペがあるってのはいいもんだねぇ。

2011-05-22_01m

う~ん、わたしもかなりオッサン化が進んでるなぁ~、体型がね。
これからは少し大きめのウェアにしよぉっと。

このコンペに参加される方々は、みなさん偉い方々なので、ちょっと緊張します。
でもね、チラッとだけど仕事の話もできるので、とってもありがたいコンペなの。
来月も参加させてもらえそうなので、とっても楽しみ!

楽しみと言えば、ゴルフの楽しみの一つ・・・お昼ご飯。
今回は、焼肉重にしました。それとノンアルコール・ビールね。

2011-05-22_02m

ノンアルコールって本当かなぁ~、って思うほど、なんかほろ酔いになっちゃいましたよ。
味と喉越しと雰囲気で酔った感じになっちゃうんだなぁ、きっと。

で、スコアはというと・・・

  • セントレジャーゴルフクラブ鞍手(東コース・中コース)
  • スコア   :47+47=94
  • パット   :38
  • バーディ  : 0
  • OB    : 1
  • 池ポチャなど: 0
  • FWキープ率: 5/14
  • パーオン率 : 3/18

ブランクがあった前回と同じようなスコアだけど、今回の方がじぇんじぇん駄目。
かなり欲が出たんだなぁ・・・欲は駄目! じぇったい駄目!
永遠の課題かもなぁ。。。恥ずかしい

 

※メルトダウンしてるのは、政府かもしれない・・・大丈夫なのか? この国は。

カテゴリー:ゴルフ, 生活, 食べ物

もつ鍋パーチー

もう連休なんですね。
友人からもらったメールの中に「連休万歳!」って書いてあったのを見て、再認識しました。
どうもぐ~たら生活が染みついてると、世の中の流れからずれちゃってね・・・

ところで、週末の木曜日に、抜群に楽しい宴会があったんだよ、S田さんとね。
今回で3回目の宴会ですが、うれしい追加参加があって・・・
英語ペラペラの綺麗どころ二人と標準語すら怪しいオッサン二人のもつ鍋パーチーとなりました。
かなりうれしくて浮かれていたので、写真で顔出しOKかどうか聞いたはずだけど忘れちゃいました。
会場は老舗のもつ鍋屋さん「かわ乃」です。

2011-04-28_01m
 もつ料理「かわ乃

このお店は30年来の老舗で、とっても・抜群に美味しい! ペロリ
ここでもつ鍋を食べると、グルメサイトの星の数なんて関係ないってのがよくわかるよ。
シンプルで・濃い口のもつ鍋なんだけど、するする食べられるんだ。

2011-04-28_02m2011-04-28_03m

醤油だれのもつ鍋に追加のキャベツ、単品ではもつとじと餃子を注文したんだけど、これがたまりましぇん。
これとビールでいくらでも食べられるよ。
シメはちゃんぽん麺。うわぁぁぁ~、秒殺です。

2011-04-28_04m

もつ鍋のあとは、はんごう雑炊「」で二次会。
このお店には、以前S田さんに連れてきてもらったことがあったんだよ。
お腹いっぱい食べた後の二次会にピッタリ(とは言い切れないところもあるけど)とってもグぅ~です。

S田さんとの宴会も徐々に華やかになってきました。
綺麗どころ二人とも次回の参加OKとなりました。でね!
ホント楽しみだなぁぁ~。

カテゴリー:生活, 宴会