ホーム > テレビ, 経済, 震災, 政治, 仕事 > 宮崎哲弥大論争スペシャル「震災を超克せよ! 震災、原発…4時間討論」

宮崎哲弥大論争スペシャル「震災を超克せよ! 震災、原発…4時間討論」

WOWOWの「下町ロケット」の裏でやってた朝日ニュースターの討論スペシャル番組

2011-09-11_宮崎哲弥大論争スペシャル「震災を超克せよ! 震災、原発…4時間討論」
 宮崎哲弥大論争スペシャル「震災を超克せよ! 震災、原発…4時間討論」

 
を録画しておいて、いま見ているところです。
朝まで生テレビ!と違って、パネラー各人の意見をじっくり聞くことができて、すごくいいですね。
わたしの場合、朝生では ”冷静” に ”じっくり” 聞くことは、すごく大変なことなの。

   なぁぁ~んでか? 困った

朝生では、自分と異なる・自分に都合の悪い意見が出てるときに、他人の発言に大きな声で割って入ることがよくあるでしょ。割って入った人にまた別の人が割って入って、数秒後には大勢が同時に喋ってる・・・
そんなグチャグチャ討論には辟易してるのよねぇ~。

この討論番組では、そんなところは無いんだよねぇ~(まだ全部見てないんで、いまのところは)。
パネラーやその人数は朝生とあまり変わらないから、やはり司会者がいいんだろうね。

 

わたしは喋りたがり屋なので、

   他人の発言に割って入る あかんべー

ってことには注意しないとね。
ちゃんと聞いて・消化して、わかりやすく・簡潔に意見を返す、っていうのは、すごく難しいことだよねぇ。

 

こういう討論番組を見ると、よく思い出すことがあるんだよね。
他人の発言中に大きな声で割って入る場面なんか見ると特にそうなんだけど、大学に勤務してたときの上司の教授ね・・・またダークサイドが、、、いかんいかん。

でも書くけどね。

奴の研究室のために、わたしが所属していた部署の職員を酷使したことについて、部署の定例会議で議題に挙げようとしたことがあったのね。
奴の研究室の仕事に我々の部署の職員が駆り出され・酷使され・でもちゃんと貢献したことを述べたうえで、次に研究室の仕事と部署の仕事とは原則として別ものであることを確認しようとしていたところ、、、

   大きな声でわたしの発言に割って入り、研究室の仕事は部署の仕事として同一視できる

という理解不能な理論を展開。
奴は研究室の長であり、わたしの所属していた部署の長でもあったので、「役職特権だ!」みたいなことも言ってたなぁ。
わたしは、そういう人材のちょっとした ”融通” は理解できるけど限度ってもんがあるでしょ、的なことを言いたかったんだけどね。

   こんなのが指導者で教育者なのか? コウモリ

って、憤怒し・落ち込んだことを思い出すんだよねぇ~。討論番組を見るたびによく思い出すんだよ。
わたしの人間力・精神力の欠如が原因だと思うけど、もうトラウマになっちゃってるので、いまだに(たぶん一生)消化できないよ。

 

※部署に割り当てられた予算、当然、使ってはいけない用途がある。あるいは、1人あたりの使用額が決めら
 れてる用途がある。でもね、そんなのは関係なしに奴は実施を要求してくるし、間に合わないから自分で立
 て替えるし、結局、回収できない立替金があっても知らんぷりだし。立替金の回収には書類の一部をねつ造
 しなきゃならないんだけど、

   どうしたらいいでしょうか?

 と聞いても、声を荒らげて、

   それには 工夫のしようがあるだろっ!

 気がつけば、回収の見込みが立たない立替金と自分で用意した軍資金(即必要になると見込まれる現金)あ
 わせて数十万円なんてときも。そんな状況をちゃんと見ていてくれた人たちの助けで、大学を辞めるときま
 でには、立替金のほとんどと軍資金の全額を回収できましたが・・・どうやったかは内緒。

広告
カテゴリー:テレビ, 経済, 震災, 政治, 仕事
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。