Archive

Archive for 2013年2月

鬱とのつき合い

読めるけど書けない代表的な漢字ですね、って話ではなくて。

このところかなり酷くて、仕事が手につかない・まったく進まない、って程度ではなくなってきて、字が読めないとか、そういうレベルになってきてました。
もちろん、字は読めるんだけど、目に映るだけというか、意味が頭にまったく入ってこないというか。

仕事も半日・1日仕事程度のものが、まったく手つかずの状態で沢山そのまんま。

そうそう、先日衝動的に購入した本もね、これは福音かと思ったのに、全然進まないし頭に入らない。
ページ数はそこそこあるものの、文字数的にはスカスカだから、普通は半日もあれば読めてしまうはずなんだけどねぇ。

 

3連休ですが、木曜日も休みをとって帰郷しようかなと思っていたんだけど・・・
そんなのは止めて、ゆっくりしようかなと。

それでも、何かしら進捗することは良いことだと思い、土曜・日曜は(常勤の仕事ではなく、個人事務所の仕事の中から)あまり頭を使わない・読解力を必要としない作業モノを抽出して、それだけをやってました。
でもなぁ、やっぱ頭のどこかに「そんなんでいいのか?」とか「常勤の方の仕事をしなくていいのか?」とかがあって、まったく気が休まらないんだよねぇ。
個人としては進捗しているのに。

 

こりゃアカン。
どこかに「克服しなければならない」っていう気持ちが強く固着してるんだろうなぁ、と。
克服するのではなく、上手につき合っていくところからだなぁ、いまのところ。

常勤の仕事にいくつも大穴をあけてしまいそうな雰囲気バリバリなんだけど、それはもうどうでもいいというか、深刻に考えることを止めました。
仕事よりも、他人よりも、自分のことを大事に考えないとね。

 

おぉ~、思いついたまんまだけど、ブログなら文章はまだ書けるなぁ。

それではまた。

カテゴリー:生活, 健康, , 仕事

面倒くさいと思ったら・・・

ご無沙汰しています。
twitter や facebook をよく使うようになって、日記帳ブログにはトンと書き込まなくなっちゃいました。

さて、仕事を一休みしてる合い間に・・・

雑誌を除くと、普段はSF小説かノンフィクションの科学モノしか読まないんですが、先日書店で手にして気になった本がありました。
まえがきの最初の数行が、

 

最近こんな相談が日ごとに増えています。

「身体がだるくて、やらなければならないとわかっていても、できないんです」

「落ち込みが激しくて、何も手につかず、毎日、イライラしてばかりいます」

「私、自分でもうつっぽいと思うのですが、何をやっていても楽しいと感じないんですね」

そうしながらも、

「ああ、また、何もしないで一日が終わってしまった」

と後悔しては、自分を責めたりしています。

 

いまの自分に完全に当てはまっていて気持ち悪いくらいでしたが、だからかな、衝動的に購入してしまいました。

 

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本
石原加受子,『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本』,中経出版

 

以前、大学を退職する前に心療内科に通っていたのですが、完治して通うのを止めたのではなかったので、今回はどうしようかなと迷っていました。
が、とりあえずは、通勤のときにでも読んでみるか、ってな感じで。

 

仕事が多すぎるのではなく、仕事を消化・こなしていく能力が自分に欠けているのことは明らかだと思うんですが、忙しそうだからと助けてくれる同僚もいて、ちょっと申し訳ない気持ちのこの頃なんです。

それではまた!

カテゴリー:生活, 健康, , 仕事