懐かしいなぁ、フライングトースター

日記と言いながら、なんだか回顧メモみたいな、昔話の焼き直しばかりを投稿しているようなきょうこの頃。
まぁ、ブログだしね、副題も「陽気なフリーランスの… 勝手気ままな日記帳」だからね ^^;

で、昔話というか懐かしいというか、今回はそういう話をね。

 

スクリーンセーバー

最近は液晶ディスプレイを使うようになったからかな、液晶パネルは焼き付きに強いから、いつの間にかスクリーンセーバーを使わなくなったよね。私だけかな?
最近と言っても、最新で高価なディスプレイには有機ELパネルが使われてるものもあるでしょ。有機ELパネルって原理的には焼き付きが生じるから、スクリーンセーバーが必要になるはずなのよね。
でも、有機ELディスプレイには焼き付き防止機構が組み込まれているらしく、特に気にする必要はないみたい。
 

猫も杓子もスクリーンセーバー

ブラウン管ディスプレイを使っていた頃は、みんなスクリーンセーバーを使っていたのよ。
私のお気に入りはBerkeley SystemsAfter Darkのモジュール「フライングトースター」なのよ。職場のMacintoshでも、自宅のWindowsマシンでも使ってたのよ。

20180123_After Dark
 

フライングトースター

で、突然、スクリーンセーバーに気が向いちゃったわけだけど、OS組み込みのスクリーンセーバーってなぁ… WindowsのものもmacOSのものも気に入るのがなくて ^^;
検索すると、フライングトースターを難なく見つけることができて、いまでも売っていることが分かったのよ。お値段は… なんてことでしょう 390円 \(^o^)/

速攻でポチッとな! 使ってみましたよ。

20180123_Flying Toaster-Edit

動きがちょっとカクカクしてるのが残念なところ。そもそもこういうもんなのか、私のマシンのせいなのか、よく分かんない ^^;
でもね、懐かしいし、レトロな感じで、総じてとってもグゥだよ。

 

使い続けるの?

液晶ディスプレイを使ってるから、焼き付きなんて ほとんど気にする必要ないでしょ。
それに、ほぼ一日中 パソコンの電源を入れっぱなしだからセキュリティ的に… とも思うけど、電源入れてるときはパソコンのそばにいるからなぁ。そもそもアパートには自分一人しかいないし ^^;

つまり、スクリーンセーバーを使う理由が見当たらないのよ。
でも、それでもいいじゃんか。いい雰囲気で気持ち良くパソコンを使えるんだからってことで、とりあえずは使い続けてみようと思ってるのよ (^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中