入院体験記 ―― 2. 病院等への印象編

きょうで退院後4日経ったんだけど、

無気力・脱力感 120%

 
に変わりなし。なぁ~にもやりたくない。退院して持ち帰った洗濯物やその他諸々を部屋にぶちまけたまんまなのよ ^^;

ということで、6月初旬から胆嚢炎で入院してた、その体験記の2回目です。きょうは「病院等への印象」編です。

  1. 退院してどうよ?
  2. 病院等への印象(この日記)
  3. 検査・手術
  4. 治療費と保険
  5. 病院食と生活習慣とバイタルサイン
  6. 試験外出
  7. 読書と不要なサービス
  8. その他(もしあれば)

 

最初の印象(6年前)

私が入院してた昭和病院、今回が初めてじゃなくて、6年前に一度お世話なったことがあるのよね。新潟の最終処分場でのお仕事の直前、体調が悪くなって昭和病院で見てもらったわけ。正直、この病院への印象はあまり良くなかったのよ ^^;

2012-02-09_01_三条市内ホテルから 燕三条駅そばのホテルから

仕事先でインフルエンザであることが分かっちゃったもんだから、仕事はまったくできないわ、治るまでずっとホテルに缶詰だわ、目ん玉飛び出る額の治療費がかかるわ(健康保険証を持って行くのを忘れたから)、帰りの飛行機は雪で飛ばないわ、支払いだけの出張になっちまったわで、もう散々だったのよ。
まぁ、インフルエンザになりたてのときは陰性反応が出ることは珍しくないので、病院が悪いわけじゃなくて、単に私の運が悪かっただけなんだけどね。でも、こういう悪い出来事の印象が昭和病院への印象と入れ替わっちゃってたのよね m(._.)m

 

今回の腹痛

じゃぁ何で、そんな印象が悪かった病院に来たかというと、もう腹痛が酷くて背に腹はかえられなかったから。急患を受け付けてくれている病院って、近所ではここだけだったし。
それにね、原因がよく分からないときは、こういう大きな病院の方が良いのかな?って勝手に思い込んでいるのもある。大きな病院にはいろんな専門のいろんな先生がたくさんいるってね ^^;

20180615_063659 昭和病院

 

病院、医師・看護師・スタッフの印象

で、私の(思い込みの)病院への印象がに一変します。退院したときの日記にも書いたけど…

酷い腹痛の日曜日、病院へ電話したら「きょうは整形外科の先生しかいないので…」ってことだったので、翌月曜日の早朝に病院へ駆け込みました。
受け付けを済ませて待合室の椅子で横になって丸まっていたら、事務員さんが「奥のベッドで横になって待ちますか?」と。もう感激。実は、広い処置室のベッドで待たせてくれたのがとてもラッキーだったのよ。
ベッドで横になっていたところ、後に私の担当となる先生がたまたま通りかかって触診してくれたのよね。すぐさま「胃じゃありません。すぐに診察しますから、もう少しだけ我慢してください」って。もうさらに感激。
診察してもらって、胆嚢炎だろうってことですぐに入院が決まって、そのまま病室に入れられ、とりあえず痛み止めの薬(だと思う)で楽にしてもらえたのよね。感激したというか、激痛から解放されて とても安心でとても幸せな気持ちだった。

もちろん、入院した当時は不安になったことや不満に思ったこともあったけど、そんなのはすぐに払拭されたよ。
23日間入院したわけだけど、まぁ、医師の先生方をはじめ看護師・スタッフの方々がとても気さくで、とても献身的に治療・対応してくれたのよね。これからも何かあったらこの病院に来ようと思うよ (^^) もうすっかり

昭和病院のファンになった!

 

 

 

ワールドカップのことをちょっとだけ。

グループHの第3戦、日本は決勝トーナメント進出をかけてポーランドと戦いました。結果は0-1の敗戦でしたが、セネガルがコロンビアに負けて勝ち点で並び、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメントに進むことができました。おめでとう \(^o^)/

20180628 インタビューを受ける西野監督

試合終盤で西野監督がとった作戦は、日本代表を預かる指揮官としては当然の判断であったと思っている。何も攻められるところはないよ。ただ、それ以外のことについては言いたいことがある。

 
決勝トーナメントへ進むことを前提とした、主力の一部を温存したスターティング11とは言え、槙野選手の起用にはまったく納得がいかなかった。上のツイート、私の心配は半分当たりましたね。
槙野選手は試合中にイエローカードを一枚もらい、オウンゴールもしそうになりました。もう一枚イエローカードをもらって退場したか、オウンゴールしてしまっていたら、日本の代わりにセネガルが決勝トーナメントへ進出していたところです。試合中、ずっとヒヤヒヤもんでしたよ (~_~;)
それと、宇佐美選手ね。西野枠の裏口入学じゃないかとイヤミの一つでも言いたくなるんだよ。ほかに代表に選ばれるべき選手がいただろうが!といまでも思っているよ (~_~;)

最後に、とっても印象に残っている動画を一つだけ。

「ずっと探してた日本らしいサッカーって そういうこと?」
「セネガルが得点しないことに賭けての 長谷部投入!」

広告

入院体験記 ―― 1. 退院してどうよ?編

胆嚢炎になっちゃって月初からずぅ~っと入院していて、おととい退院したことはきのうの日記に書きました。

 
そんでね、退院して一日半経って、いまどんな感じか?っていうと、

無気力・脱力感 120%

 
もともとね、私はものぐさなんだからさ、こうなっちまうことなんて容易に想像できたけど、思った以上だよ。なぁ~んにもしたくないって気持ちでいっぱいなのよ (T_T)
これじゃいけない!と必要以上に焦っちまうと さらに動けなくなっちゃうから、まぁ、ゆっくり養生しますよ。そもそも、まだまだ完全復活にはほど遠くて、スイスイ動き回るなんてじぇんじぇん無理だし ^^;

 

入院体験記

で、入院して思ったこと・気付いたことを何回かに分けて日記に書こうかなと思うんだけど、とりあえずどんなのがあるかなぁって書き出してみると、

  1. 退院してどうよ?(この日記)
  2. 病院と医師・スタッフの印象
  3. 検査・手術
  4. 治療費と保険
  5. 病院食と生活習慣とバイタルサイン
  6. 試験外出
  7. 読書と不要なサービス
  8. その他(もしあれば)

って感じかな。まぁ、これも書き進めるうちにコロコロ変わりそうだけど ^^;

 

 

さぁ、今晩はワールドカップの日本戦ですね。グループリーグの最終戦。これに勝てば文句なしでグループHを勝ち上がることができます。引き分けても負けても勝ち上がれる可能性はありますが、やっぱり勝って気持ち良く予選通過といきたいですね (^^)

退院しました (^^)

お久しぶりです。約一ヶ月ぶりの日記です。

今月3日の日曜日、急に激しい腹痛に見舞われて、市販薬の中では最強の胃薬を飲んでもじぇんじぇん治らなかったのよね。いくら鈍感な私にも、これは稀に起こってた腹痛とは違う!ってすぐに分かったよ。

20180625_173435 医療法人社団朝菊会 昭和病院

 

近所で急患を受け入れている昭和病院に電話したところ… 「きょうは整形外科の先生しかいないので、お越しになっても薬を出す程度しかできないと思います。ただ、明日になれば予約なしに診察や各種検査ができますので、可能であれば いまから飲食は一切せずにいてください」って。かなりマジで涙

翌日に病院へ行くまでの間、もう痛くて痛くて「のたうちまわる」ってこういうことかと。ただ、お風呂に入って前屈みになれば少し楽になることを発見してからは、朝まで

お風呂 → 布団で横になる → お風呂 → 布団で横になる → …

を繰り返して凌ぎました。ほとんど眠れなかったよ。

病院は朝9時から診察開始だけど、もっと早くから受け付けはしてくれるっていうことだったので、病院に行ったのは8時頃かな。通学する小学生に会わなかったから、もう少し早かったかもしれない。のろのろ運転で、大通りを経由せずにすべて裏道を使ったとは言え、いまから思えば、車で病院へ行ったのは社会人として失格だった。事故ったらどうすんだ?っつうの。

受け付けを済ませて(と言っても、健康保険証と診察券を渡すだけ)、椅子に横になって丸まっていたら、事務員さんが「奥のベッドで横になって待ちますか?」と。うれしくて涙。よくできた事務員さんだなぁ。
これがとてもラッキーだったのよね。ベッドで丸まっているところを後に私の担当となる先生が偶然たまたま通りかかって、触診ですぐに「胃じゃありません。すぐに診察しますから、もう少しだけ我慢してください」って。あぁぁ~、感激の涙

診察してもらって、ほぼほぼ胆嚢炎であることが分かって、すぐに入院が決まって、そのまま病室に入れられました。痛み止めの薬でボぉ~っとしちゃってたので、細かいことは覚えてないけど、かなり楽になってとても安心したことは覚えてるよ。
その後は… いろいろ検査して、2種類の手術をして、23日間入院して、きのう退院しました。私としては完全復活状態まで回復してから退院したかったので、あと一週間くらいは入院したかったんだけどね。

20180625_104644 大玉の胆石が三つ

 

他にもまだ、いろいろ書きたいことはあるんだけど、

すっごく無気力! マジで何もしたくない!

 
って感じなのよ (T_T)
病院食のことや、検査中にも最初の手術中にもパニクっちゃったことや、病院に対する印象のこと等々、そんなことがいろいろあるので、思い出しながら、テーマごとに分けて日記に書けたらいいなぁって思ってるのよ (^^)

CUDA 9.0のインストールでド壺に嵌まる ―― Ryzen 7 2700X PC

この2~3日というもの、ド壺に嵌まってました。CUDA 9.0の新Windows母艦PCへのインストールがことごとく失敗しちゃって (T_T)
ずぅ~っとPCの画面を見ながらド壺に嵌まり続けるってのは、健康にすっごく良くないね。もう疲れ果てちゃったよ。

何をしたかったかと言うと、新母艦PCでは機械学習のトレーニング(学習)時間がどのくらい短縮されるかってのを知りたかったのよ。旧母艦PCでやったみたいな計算(CIFAR-10の例題)をやって計算時間を比較したかったのよね。

 
なのに、GPUを計算に使うためのライブラリの一つ、CUDA 9.0がインストールできなくてさ。
なぜインストールに失敗するかは不明だけど、無理矢理CUDAを使えるようにして、とりあえず例題を計算することができた ^^;

もうヘトヘトだし、ベンチマークテスト的なヤツの結果は、あしたの日記に書こうと思う。この文章中の用語とかにリンク貼ったりするのもなし。きょうの日記は、もうほとんどつぶやき m(._.)m

もう寝ます…