入院体験記 ―― 7. 治療費と保険編

体験記の7回目は費用の話です。

  1. 退院してどうよ?
  2. 病院等への印象
  3. メモで振り返り
  4. 検査・手術
  5. 病院食と生活習慣とバイタルサイン
  6. 友達ができたよ
  7. 治療費と保険(この日記)
  8. その他いろいろ

 

治療費

朝の回診で看護師さんのリーダーと話をしたときに、治療費はどれくらいになるの?って聞いたことがあっのよね。そりゃぁ費用のことは大事よね。「結構な額になるけど限度額の適用申請をすれば大丈夫よ」って教えてくれたのよ。
あぁ~、病院内に掲示されていたこれのことね。

20180609_072807 限度額適用申請について

私は国民健康保険なので、役所に行って申請して認定証をもらってこなきゃならないのよ。問題は、独りぼっちなので自分で行かなきゃならないこと。
でも、ラッキーなことに、2回目の手術をする2日前で 動き回ることもできたから、外出許可をもらって認定証をゲットしたよ。銀行でお金を引き出すことも忘れなかったぜ (^^)v

そもそもこの認定証ってなんなの?って感じだけど、こういうこと福岡市)でした。それと、こっち(全国健康保険協会)も分かりやすい。
つまり、支払った医療費が高額な場合は、申請すれば自己負担限度額を超えた分が戻ってくるけど、限度額適用認定証をあらかじめ取得して病院に提示すれば、自己負担限度額(+保険適用外の費用)を支払うのみでOK!ってことなのよね。

独り暮らしのオッサンが緊急入院するとこうなるってことね。限度額適用申請のことは、入院時の家族への説明事項に含まれているようだけど、私の家族は近くにはいないし、私に説明するタイミングも逃しちゃってたってことなんだろうなぁ。

ってことで、自己負担限度額+保険適用外の費用を支払うだけで済んで良かったよ。
でもね、23日間も入院して、2回も手術して、(2日間だけど)個室にも入ったというのに、

この程度の支払いでいいの?

 
っていうのが、清算したときの正直な感想だよ。あとで明細書を見て(なんとなぁ~く)納得。
健康保険の制度に助けられたなぁとも思う。国が違えば大変な金額になるのかもな… とかね。

どこも痛くない正常な体に戻って退院できて ホント良かったと思ってるし、病院には感謝の気持ちでいっぱいだよ m(._.)m

 

生命保険の給付金申請

これもかなり大事よね。入院後、今回の入院や手術は給付対象になるかどうかを生命保険会社の担当者に確認してもらったのよ。明治安田生命とアフラックから給付金が出ることが分かって、自己負担限度額のことも考え合わせれば…

もしかして、黒字?

 
黒字なんて、このところ実感したことがないもんだから、結構ウキウキ (^^)

保険会社への給付金申請には医師の診断書が必要で、保険会社が用意する用紙に記入してもらわなければならないのよね。それにお金もかかる。昭和病院では1通あたり5,400円だったので、診断書2通で10,800円ね。

もう給付金等申請書を保険会社に送付済みだから、あとは給付金が銀行口座に振り込まれるのを待つだけよ。ちょっと楽しみ (^^)

 

その他の費用

そうそう、他にもかかった費用があるでしょ。それを忘れちゃいけない。

入院中に病院内で必要なモノ・コトに使った現金払いのものね。前にも書いたけど、大体1万円。それに、Amazonで購入した本が約5,000円。病院内の自販機とセブンイレブンでの買い物では(はっきりとは分からないけど)5,000円までは使ってないと思う。

っつうことは、その他の費用は2万円未満だね。

 

 

痛い思いをしたうえに 胆嚢と一ヶ月間を失った

 
わけだから、多少黒字になったところで 喜んでる場合じゃない! でもね、支払いばっかりっていうのよりは かなりグゥよね ^^;
いまの私には前向きな気持ちが必要なのだ (^^)

広告