Ryzen 7 2700X PC ―― ベンチマーク(その2)

きょうは、きのうの日記にチョロっと書いたけど、ベンチマークの残り三つ(④写真現像・⑤動画編集・⑥機械学習)についてです。
最初の三つはド定番のベンチマークソフトを使いました。①CINEBENCH、②CrystalDiskMark、③FINAL FANTASY XVね ^^; 少し前の日記になるけど、こちらからどうぞ。

 
きょうの三つはベンチマークソフトを使うのではなく、私が仕事や趣味でよく使うソフトウェアにおける 例題の実行時間を測定するってもの。旧母艦PCと新母艦PCでの実行時間を比較しようってわけです ^^;

旧・新母艦PCのスペックの違いは次のとおり。

20180711_新母艦PCスペック スペック比較表

 

ベンチマーク④ 写真現像:Lightroom Classic

まずは写真現像。使用したソフトウェアはAdobe Lightroom Classic CCです。
Canon EOS 7D Mark IIで撮影した写真のRAW画像データ(5,472×3,468≒2,000万画素, 1枚約22MB)1,000枚に同一の補正(部分的な露出補正、色補正、部分的なぼかし、回転、切り抜き)を適用し、出力しました。この補正処理のビフォー・アフターはこんな感じです(左が元画像、右が補正適用後)。

20180528_写真現像のベンチマークテストの例題 補正処理のビフォー・アフター

結果は次のとおり。括弧内の数値は旧母艦PCに対する処理速度の比で、何倍高速かを表しています。

1,000枚のRAW画像の現像

  • 旧母艦PC:70分15秒(1.00)
  • 新母艦PC:31分25秒(2.24

2倍以上高速。現像だけでなく、作業しているときも高速であることは実感できました。旧母艦PCではLightroomでの作業すべてがモッサリ動作って感じでしたが、新母艦PCではかなり改善されたことが実感できました。

改善が実感できたとは言え、キビキビ・サクサク動作かというと、この程度では まだまだ不満なのよ。Adobe CCのソフトウェアはGPU最適化があまり進んでいないようなので、CPUの違いが速度の違いとなって現れると期待していたのよね。つまり、CINEBENCHのCPUスコアの違い(旧母艦PC=510cb、新母艦PC=1,752cb)くらいに。CINEBENCHのスコアは3.44倍の違いがあるのにって考えれば、ほら、不満に思えてきたでしょ ^^;

 

ベンチマーク⑤ 動画編集:Premiere Pro

次は動画編集。正確には「編集」ではなくて編集後の「エンコード」かな。使用したソフトウェアはAdobe Premiere Pro CCです。
SONY FDR-AX40で撮影した10分間の4K動画(3,840×2,160ピクセル, 30fps, 60Mbps)を編集した後、フルHD解像度(1,920×1,080, 30fps, 4Mbps)で出力したときの処理時間を比較しました。編集で使った補正は、露出補正、色補正、回転、スケール(切り抜き)です。

20180711_動画編集 編集作業の例

結果は次のとおり。

4K動画(10分間)をフルHD動画にエンコード

  • 旧母艦PC:7分47秒(1.00)
  • 新母艦PC:3分31秒(2.21

写真現像の場合とほぼ同じ結果となりました。編集作業はGPU支援が効くので旧母艦PCのときよりも快適でした。特に4K動画を編集する場合は、旧母艦PCではプロキシ機能を使わないと実用的ではなかったのですが、新母艦PCではプロキシ機能を使わなくても何とかなりそうでした。

ほぼ同じって、写真現像の場合が2.24倍、動画エンコードの場合は2.21倍。まったく同じと言っていい結果ですね。GPU最適化の程度、CPU依存の程度が両者で同じってことなんでしょうかね。それに、現像時・エンコード時にタスクマネージャで確認すると、どちらの場合もCPU使用率が高く、GPU使用率が低いんですよね。Adobeには、もっともっと

GPU最適化に 真剣に取り組んでほしい

 
ですよ、マジで (~_~;)

 

ベンチマーク⑥ 機械学習:TensorFlow, CIFAR-10

最後は機械学習。有名な機械学習ライブラリであるTensorFlowを使い、CIFAR-10(画像分類)を例題にしました。
機械学習ではトレーニング(学習)、テスト(評価)、実地適用の三つの段階がありますが、最初の 設計したモデルをトレーニングする段階で 最も計算機の能力が必要になります。CIFAR-10の画像分類はTensorFlowのチュートリアルにも掲載されているので、公開されているトレーニング段階のプログラムを使い、その実行時間を比較しました。

20180601_cifar10 (X470Taichi) (2)改 cifar10_train.pyの実行例

チュートリアルのプログラムでは100万ステップで学習させていたけど、ここでは実行時間を計るだけなので30万ステップに変更しました。
結果は次のとおり。

CIFAR-10のモデルの学習(30万ステップ)

  • 旧母艦PC(GPU版TensorFlow):124分・5,161examples/sec(1.00)
  • 新母艦PC(GPU版TensorFlow):79分・8,101examples/sec(1.57
  • 新母艦PC(CPU版TensorFlow):20時間・530examples/sec(0.10

うぅぅぅ、1.57倍高速… たったそれだけ? そりゃぁ~期待は大きかったですよ。だってね、ハイエンドの部類のグラフィックボードを買ったんだからさ (T_T)
まぁそれでも、GPUを使う意味はあるのよ。新母艦PCのGPUで79分かかった処理を 同じ新母艦PCのCPUにやらせたら、なんと20時間かかった。つまり、CPUの場合よりGPUの方が15倍高速ってことになるね。
思ったような性能向上はなかったとは言え、20時間の待ち時間が GPUを使えば79分になるわけだから、これはこれで嬉しい結果よね \(^o^)/

※注意事項: きのうの日記で触れたように、GPU版TensorFlowを使うために必要なCUDAライブラリを 新母艦PCにインストールできなかったので、裏技を使ってインストールしました。したがって、上記の新母艦PC(GPU版TensorFlow)に関する計算結果は、参考程度と考えるべきかもしれませんね m(._.)m

ゲームをやるなら新母艦PCのパワーをもっと感じられるかもしれないね。少し前の日記に書いたベンチマーク③(FINAL FANTASY XV)の結果を見れば明らか。ただなぁ、私はゲームをしないからなぁ (~_~;)

 

簡単なまとめ

私の使い方の場合、ザックリとですが 旧・新母艦PCの実行速度の違いは、CPU使用率が高ければ2倍程度GPU依存度が高ければ1.5倍程度だってことが分かりました。使い心地には総じて満足はしているんだけど、30万円投資してその程度なのかって考えちゃうのよね。
まぁ、それだけ待ち時間が減ったっていうことなんだけど、もうちょっと高い倍率だと もっと嬉しかったんだけどなぁ ^^;

そうそう、AppleはGPU用のグラフィックスAPI「Metal」で足回りをコツコツと・しっかりと固めてきているのよね。そういうところは流石だなぁって思うよ。
そんでね、もしAppleが採用するGPU(AMD Radeonシリーズ)でもと言うか、もしmacOSでもGPU版TensorFlowが使えるようになったら、5月に処分しちゃったmacOSマシンを再導入したいと思ってるのよ。まぁ、macOSでGPU版TensorFlowが使えるようになるには、まだまだ時間がかかりそうだけどね ^^;
macOSマシンにしろWindowsマシンにしろ、最近ではeGPUが熱くなりつつあるから、GPU界隈は また楽しみが増えたのよ (^^)v

 

 

さぁってと、きょうは久しぶりに私の鹿島アントラーズの試合があるんだよ。アウェーでの天皇杯3回戦(FC町田ゼルビア戦)なのよ。

日本代表組のCB二人が不在だし、2ヶ月間試合がなかったし、相手を格下だと思って舐めてかかると痛い目にあうよ! 引き締めて行きましょう!
攻守ともにガッチガチのガチでぶつかり、勝利を手にすることを期待しているよ (^^)v

広告

Ryzen 7 2700X PCの問題と回避策

新しい自組Windows母艦PCが組み上がって、ゴニョゴニョいじり始めたときに入院することになっちゃったから、この話題は久しぶり。約々一ヶ月ぶりかな。

 
ベンチマークで残っているのは④写真現像⑤動画編集⑥機械学習。ベンチマークと言うより、この三つは例題の実行速度を計っただけなんだけど、これはまた今度にして…

きょうはこの新しい母艦PCで困っていること二つを書こうと思います。サウンド関連(問題①)とCUDAのインストール(問題②)についてです。

20180709_P7090595 旧母艦PCと新母艦PC

 

問題① サウンドまわり

サウンド全般で困ってるってわけじゃなくて、PCで録音するときのトラブルあるある話に(きっと)分類される

こっちのソフトのサウンド出力を あっちのソフトに入力する

 
ってヤツ。

ウェブブラウザの出力音を録音したいときが稀にあるんだけど、これができないの。マイクからの音は録音できるんだけどね。具体的には、Adobe Auditionからは「ステレオ ミキサー」の出力を捉えられず、無音のままなのよ (T_T)
最初のうちは設定をミスってるんだろうと思ってたんだけどね。旧母艦PCではちゃんと録音できていて、その設定をそっくりそのまま新母艦PCにもしてある(ハズだ)から、もう設定ミスではないと思ってるのよね。

20180710_サウンド コントロールパネル サウンド コントロールパネル

もうどうにもならないなぁってところまで煮詰まっちゃってはいるんだけど、この問題には回避策があるのよ。
Windows 10標準機能のゲームDVRを使って、

ウェブページを丸ごと録画しちゃう

 
録画が終わったら できあがったビデオファイル(MP4ファイル)の音をAuditionで編集すればいい。難点は、ゲームDVRを使って録画すると オーディオの音質を192Kbpsまでしか設定できないって制約があること。

20180710_ゲームDVR ゲームDVR

まぁ、それが嫌な場合には、これまで通り 旧母艦PCを使ってAuditionでPCM録音するって手もあるしね。

 

問題② CUDAのインストール

サウンドまわりについては回避策があるのでヨシとするにしても、こっちはちょっと深刻。

GPU版のTensorFlowを使うためにはNVIDIACUDA ToolkitcuDNNをインストールしなければならないのよね。最新のTensorFlow 1.8にはCUDA 9.0とcuDNN 7.0.5 for CUDA 9.0が必要なんだけど、

CUDA 9.0のインストールが ことごとく失敗

 
しちゃうの (T_T)
CUDAのインストーラーはVisual Studio 2015のビルドツール(これも要インストール)を使って、まさにそのPC上でCUDAライブラリをビルドするらしいんだけど、これがうまくいかないのよねぇ。

20180601_CUDA9.0インストール (7) CUDAのインストール(失敗)

旧母艦PCでは正常にインストールできたので、ほぼ間違いなく新母艦PCの問題なんだよね。ビルドツールがインストールできているか、そこへのPathは通っているか、バージョンは間違いないか等をチェックし、いろいろググッても見たけど駄目だったよ。Visual Studioをアンインストールして再インストールしてCUDAのインストールをチャレンジってサイクルを何度やったことか (~_~;)

そもそも、旧母艦PCではあっさりインストールできたし、新母艦PCでも そのやり方をそのまんま踏襲してインストールしてみたわけだから、インストールできないのは やっぱオレ環問題なのかなと。これも煮詰まっちゃってるのよ (T_T)

またまた旧母艦PCではうまくできたのにってことになって、これが

安定・安心のIntelプラットフォーム

 
ってことなんでしょうかねぇ ^^;

このオレ環問題、お勧めはできないけど回避策はあるのよ。
それは、旧母艦PCにCUDAインストーラーでインストールされた全ファイルを 新母艦PCにコピーして、ユーザー環境変数とシステム環境変数を手動で設定するってもの。

20180710_環境変数 環境変数

ただ、IntelプラットフォームでビルドされたライブラリをAMDプラットフォームにコピーして正常実行できるのか?って問題(心配)が残るから、安心して使い続けられるわけじゃないですね。利用規約違反の可能性もあるしね m(._.)m
機械学習のベンチマークテスト(例題の実行時間の測定)をして、すぐにCUDAとcuDNNを削除。TensorFlowもGPU版から通常版に戻したよ ^^;

 

 

Windowsのサウンドまわりは、いったいいつになったら洗練されるんでしょうか? 便利に使えるようになるんでしょうか? と思っている人も少なくないような気がするよ。
それと、Realtekね。実質的に

Realtekのサウンドチップ一択状態

 
ってのも気に入らないのよね。
まぁ、サウンドまわりは 待つしかないよなぁと。半分諦めモードだけどね (~_~;)

それに、CUDAのインストールで嵌まるなんて想定外だったから、かなり凹んでるのよ。原因がよく分からないから気持ちも悪いでしょ。Intelプラットフォームの旧母艦PC(Intel CPU+Intelチップセット搭載マザーボード)ではトラブってないので、もしや このトラブルの原因は

新母艦PCがAMDプラットフォームだから?

 
と考えちゃうのよね。
この問題が解決するか 原因が判明するまでは、GPU版TensorFlowを使いたい向きに Ryzenシステムを勧めることはできないなぁってのが正直な気持ち。あぁ~、すっごく残念だよ (T_T)

とは言え、問題①と②の2点を除けば、総じて満足してるのよ。無駄に(綺麗に)光ってるし、動作がサクサク過ぎて爆速!ってほどじゃないにしても快適だし、消費電力もそんなに高くないし(と思っているだけかも)。
少し無理をしたけど、PCをアップグレードして良かったよ (^^)v

CUDA 9.0のインストールでド壺に嵌まる ―― Ryzen 7 2700X PC

この2~3日というもの、ド壺に嵌まってました。CUDA 9.0の新Windows母艦PCへのインストールがことごとく失敗しちゃって (T_T)
ずぅ~っとPCの画面を見ながらド壺に嵌まり続けるってのは、健康にすっごく良くないね。もう疲れ果てちゃったよ。

何をしたかったかと言うと、新母艦PCでは機械学習のトレーニング(学習)時間がどのくらい短縮されるかってのを知りたかったのよ。旧母艦PCでやったみたいな計算(CIFAR-10の例題)をやって計算時間を比較したかったのよね。

 
なのに、GPUを計算に使うためのライブラリの一つ、CUDA 9.0がインストールできなくてさ。
なぜインストールに失敗するかは不明だけど、無理矢理CUDAを使えるようにして、とりあえず例題を計算することができた ^^;

もうヘトヘトだし、ベンチマークテスト的なヤツの結果は、あしたの日記に書こうと思う。この文章中の用語とかにリンク貼ったりするのもなし。きょうの日記は、もうほとんどつぶやき m(._.)m

もう寝ます…

Ryzen 7 2700X PC、セットアップ完了 ―― ベンチマークもちょっとだけ

新Windows母艦PCから変な電磁波がたくさん出てるのかな? 体調が芳しくないまま、いっこうに良くならないのよね。食事をすると胃がむかつきすぎるし、気持ち悪くて夜はよく眠れないしで。なんかこう、基本的な生きる力が急に衰えてしまったような (T_T)

 

新Windows母艦PC

それでも生きてゆく気マンマンの私 (^^)

新しいWindows母艦PC(Ryzen 7 2700X PC)を組み立てていたでしょ。生活にも仕事にも不可欠な、とっても大事な新しいパートナー。

 
作業はコツコツ・ゆっくりとだったけど、ようやく新Windows母艦PCのセットアップが完了しましたよ。組み立てて、設置して、いろいろインストールして、設定して、調整して… いままで頑張ってくれた母艦PCとほぼ同じことができるように環境を整えました。サウンド関連で納得いかないところもあるけどね。

Windowsはサウンドまわりがクソ

 
なのよね。これは以前からそうだし、チップ供給元のRealtekもマイクロソフトと同罪。サウンドまわりの扱いにくさ・使いにくさという点で、ここ10年以上、何の改善も進歩もないような気がする。きっとそうだと思う (~_~;)
まぁサウンド関連の「?」なところは後回しにするよ。旧PCは処分せずにこのまま使い続けるんだから、そんなに慌てることはないのよね ^^;

20180527_P5270589
20180526_P5260587 新Windows母艦PC

はい、そうです、

無駄に光ってます

そのとおりですよ。
最初はすぐに飽きるかなと思ったんだけど、発光色が刻々と変わるRainbowモードにしたら、意外と良い感じに思えてきて、しばらくはこのままにしておくことにしました (^^)

 

新旧PCのスペック

20180711_新母艦PCスペック スペック比較表(2018/7/12 追記)

旧PCのキーボード、マウス、HDD、光学ドライブを新Windows母艦PCに流用。その他はすべて新調したので、かなりのアップグレードになったよ。HWiNFOでハードウェア情報を表示したのがこれ。

20180527_HWiNFO64 左:旧PC、右:新Windows母艦PC

Intelの古いCPU、NVIDIAの古いGPUから、AMDの最新CPU、NVIDIAのそこそこ高速なGPUにアップグレードしたってわけ。メインメモリも倍増よ (^^)
ストレージは… 旧PCでは(HDDと光学ドライブを撤去したので)SATA接続のSSDが2台。システム用とデータ用ね。新Windows母艦PCではシステム用・ワーク用にNVMe接続の爆速M.2 SSD、データ用にHDD4台をソフトウェアRAID 0で繋げたもの、バックアップ用に大容量HDDの3ドライブ構成。
まぁ、こう書くと聞こえは良いけど、古めのHDDを4台繋げるなんて危ない橋を渡ってるようなもんだから、早いとこやめたいのよね。ほぼパンパン状態のNASをアップグレードすれば少しは安心できるんだけど、それはもうちょっと先のことかな ^^;

 

ベンチマーク① CINEBENCH

もう疲れ果ててるので、ベンチマークは定番ものの3つだけをやってみました。
最初は、CPU性能とGPU性能を見るCINEBENCH。結果は次のとおり。

20180527_CineBench 左:旧PC、右:新Windows母艦PC

新旧PCを使い比べると、サクサク感が体感できるほど違うので、その差を数字で見てもあまり驚かないのよね。いろんな記事を読んでいたから、大体どの程度のスコアになるかも分かってたし。

 

ベンチマーク② CrystalDiskMark

次はストレージ性能を見るCrystalDiskMark。結果は次のとおり。

20180527_CrystalDiskMark (GA-Z87N) 旧PC
20180524_CrystalDiskMark (X470Taichi) 新Windows母艦PC

旧PCの2台はどちらもSATA接続のSSDだから、よく見かける数値レンジですね。左のシステム用SSDは右のデータ用に比べると世代が新しいものなので、書き込みも高速。
新Windows母艦PCの左図はシステム用・ワーク用のSSDで、数値的には爆速。使っていて、そこまで速いか?とも思うけど、ひとまず安心。中図のHDDソフトウェアRAID 0のドライブは、シーケンシャル読み込み・書き込みだけならSATA接続のSSD並みなので、これもちょっと満足。右図はとりあえずバックアップ用の単体大容量HDDで、こんなもんですかね ^^;

 

ベンチマーク③ FINAL FANTASY XV

最後は、GPU性能を見る(ゲーム向けの)FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク。まぁ、これも目安でしかないけどね。
実はこのベンチマーク、旧PCを母艦として使っていた頃に実行したことがあるのよね。そのときの結果もあわせて示します。

20180212_FF15ベンチマーク結果 旧PC
20180525_FFXV (X470Taichi) 新Windows母艦PC

解像度3種類と表示品質3種類の計9種類で比較できるんだけど… 圧倒的な違い。目安でしかないけど、やっぱり安心 (^^)

 

 

気になるベンチマークは、あと3種類あって、それは④写真現像⑤動画編集⑥機械学習なの。CPU性能もGPU性能もストレージ性能も(全部いっぺんにってわけじゃないけど)効いてくるから、当然のことながら とっても気になるのよね。試しに動画編集をちょこちょこっとやってみた感じでは かなり高速になっていて、

少し無理してPCをアップグレードした甲斐があった

 
んだよな! と喜んでるのよ \(^o^)/

これらのベンチマークは、速度比較するのに適した素材を揃えて おいおいやろうと思うんだけど、まだちょっと先になりそうな予感 ^^;

博多川端どさんこ ―― 博多めん街道

牛歩のようにゆっくりと作業している新母艦PCのセットアップ。ようやく組み立てが終わって、とりあえず設置できるところまで来たよ。でも、その話はまた今度 ^^;

 

火曜日、野暮用があって天神と博多に行ったのよね。用事は(私にしては珍しく)順調にスカッと済ませることができて、せっかく博多に来たんだから、おいしいラーメンを食べようかなと。
大学に勤めていたときからずっとお世話になりっぱなしのS田さんに教えてもらったラーメン屋さん(博多めん街道)に久しぶりに行きました。

 
その博多めん街道の博多川端どさんこ 博多デイトス店ね。とんこつラーメンが得意じゃない私には とってもうれしいラーメン街なのよ。まぁそれでも、博多めん街道はとんこつラーメン屋さんが多いんだけどね (T_T)

20180522_IMG5481
20180522_IMG5482 博多めん街道
20180522_IMG5483 博多川端どさんこ 博多デイトス店

来た時間帯が良かったんでしょうね、全体的に閑散としていて、待たずに・ゆっくりと食べることができました。私が頼んだのは、

20180522_IMG5484 塩バターラーメン+半チャーハン

前回は博多みそラーメンを頼んだので、今回は塩ラーメンにしました。それと半チャーハンも。このラーメン・半チャンの王道セットは税込み900円でした。
まずまず美味しかったですよ。ちょっと麺が硬かったなぁ。これは茹でる時間を間違ったんだと思うよ。それと、私にはバターが多すぎた。むしろなくてもいいかな。次回は麺は大丈夫だろうから、バターなしをお願いしよぉっと。それなら、私好みのラーメンだ \(^o^)/

Ryzen 7 2700X PC、組み立てちう (^^)

おととい揃った新母艦PCのパーツたち。

 
体調は芳しくないし、組立作業は肩や腰に来るしで、最後まで一気に組み上げるなんてことはできないのよね。それにね、

私、こんなに劣化しているなんて!

 
と改めて気付かされたよ。手がブルブル震えるもんだから、ネジ一本締めるのもおぼつかないんだよ。そりゃ時間かかるわな (T_T)
とりあえず、起動ドライブ(NVMe M.2 SSD)にWindows 10やらドライバー類やらをインストールするところまで完了。次の作業――光学ドライブとハードドライブのセッティング――はあした以降になっちゃうなぁ。劣化した頭と体で、丸一日かかって やっとここまでなんだよ(アイキャッチ画像)。ちょっとブルーになっちゃうよ (T_T)
そんでもって… そうです、無駄に光ってますね。光る色は変えられるので、単色(白色)発光に変更しました。多分すぐに飽きるので、そうしたら消します ^^;

PCを組み立てるなんて4年以上ぶりだから、困ったこと・分からないことが雨霰のように降ってくるかなと心配したんだけど、自分の劣化具合を思い知ったことを除くと そうでもなかった。小さいトラブルが一つだけ。
ケースの前面扉のヒンジ部品の一つが不良品だった。ちゃんと閉まらない。ヒンジ部品は上下左右の合計4箇所に取り付けられていたから、開閉する側の下側(部品がなくても ほぼ問題ない場所)に付いてる正常な部品を外して、ちょうつがい側に付け替えることで解決。まぁ、トラブルってほどでもないですね。後日、サポートに連絡して、正常な部品を送ってもらおうかなと。

いま組み立てている新母艦PCの完成はまだまだ先だね。ドライブ類のセッティングが終わったら、ソフトウェアのインストールやデータの移動作業が待っているからね。気長にやりますよ ^^;

Ryzen 7 2700X PC、パーツ一式をポチりました

散財発作が起きたわけではありません。いま使っている自組Windows母艦PCを万が一のときのためのサブ機にまわして、新しく母艦PCを組むことにし、パーツ一式をポチりました。

先日、いまならこんな感じのパーツ構成にしたいっていう日記を書きましたね。

 
でも、このパーツ構成だと、

  • 予算を少し超えてしまう
  • Windows 10の値段設定が少し甘い

という問題があるのよね。なので、グラフィックボードを NVIDIA GTX 1080 TiのGPUを積んだものからGTX 1080のものに、Windows 10のエディションをProからHomeに変更しました。これでOK (^^)
ポチったパーツと価格は次のとおり。

20180519_Ryzen 7 2700X PC 価格表 Ryzen 7 2700X PC パーツ構成・価格

いまWindows 10をダウンロードしているところ。
体調が芳しくないので、作業はここまでにして、ゆっくりと組むことにするよ。現役機が動いているので、焦って急いで組む必要ないしね (^^)

 

 

それに、あしたは私の鹿島アントラーズの試合があるから、根詰めて作業して さらに体調がおかしくならないようにしたいのよ (^^)v

20180520_J1[15] 鹿島 vs 仙台