Ryzen 7 2700X PC ―― ベンチマーク(その2)

きょうは、きのうの日記にチョロっと書いたけど、ベンチマークの残り三つ(④写真現像・⑤動画編集・⑥機械学習)についてです。
最初の三つはド定番のベンチマークソフトを使いました。①CINEBENCH、②CrystalDiskMark、③FINAL FANTASY XVね ^^; 少し前の日記になるけど、こちらからどうぞ。

 
きょうの三つはベンチマークソフトを使うのではなく、私が仕事や趣味でよく使うソフトウェアにおける 例題の実行時間を測定するってもの。旧母艦PCと新母艦PCでの実行時間を比較しようってわけです ^^;

旧・新母艦PCのスペックの違いは次のとおり。

20180711_新母艦PCスペック スペック比較表

 

ベンチマーク④ 写真現像:Lightroom Classic

まずは写真現像。使用したソフトウェアはAdobe Lightroom Classic CCです。
Canon EOS 7D Mark IIで撮影した写真のRAW画像データ(5,472×3,468≒2,000万画素, 1枚約22MB)1,000枚に同一の補正(部分的な露出補正、色補正、部分的なぼかし、回転、切り抜き)を適用し、出力しました。この補正処理のビフォー・アフターはこんな感じです(左が元画像、右が補正適用後)。

20180528_写真現像のベンチマークテストの例題 補正処理のビフォー・アフター

結果は次のとおり。括弧内の数値は旧母艦PCに対する処理速度の比で、何倍高速かを表しています。

1,000枚のRAW画像の現像

  • 旧母艦PC:70分15秒(1.00)
  • 新母艦PC:31分25秒(2.24

2倍以上高速。現像だけでなく、作業しているときも高速であることは実感できました。旧母艦PCではLightroomでの作業すべてがモッサリ動作って感じでしたが、新母艦PCではかなり改善されたことが実感できました。

改善が実感できたとは言え、キビキビ・サクサク動作かというと、この程度では まだまだ不満なのよ。Adobe CCのソフトウェアはGPU最適化があまり進んでいないようなので、CPUの違いが速度の違いとなって現れると期待していたのよね。つまり、CINEBENCHのCPUスコアの違い(旧母艦PC=510cb、新母艦PC=1,752cb)くらいに。CINEBENCHのスコアは3.44倍の違いがあるのにって考えれば、ほら、不満に思えてきたでしょ ^^;

 

ベンチマーク⑤ 動画編集:Premiere Pro

次は動画編集。正確には「編集」ではなくて編集後の「エンコード」かな。使用したソフトウェアはAdobe Premiere Pro CCです。
SONY FDR-AX40で撮影した10分間の4K動画(3,840×2,160ピクセル, 30fps, 60Mbps)を編集した後、フルHD解像度(1,920×1,080, 30fps, 4Mbps)で出力したときの処理時間を比較しました。編集で使った補正は、露出補正、色補正、回転、スケール(切り抜き)です。

20180711_動画編集 編集作業の例

結果は次のとおり。

4K動画(10分間)をフルHD動画にエンコード

  • 旧母艦PC:7分47秒(1.00)
  • 新母艦PC:3分31秒(2.21

写真現像の場合とほぼ同じ結果となりました。編集作業はGPU支援が効くので旧母艦PCのときよりも快適でした。特に4K動画を編集する場合は、旧母艦PCではプロキシ機能を使わないと実用的ではなかったのですが、新母艦PCではプロキシ機能を使わなくても何とかなりそうでした。

ほぼ同じって、写真現像の場合が2.24倍、動画エンコードの場合は2.21倍。まったく同じと言っていい結果ですね。GPU最適化の程度、CPU依存の程度が両者で同じってことなんでしょうかね。それに、現像時・エンコード時にタスクマネージャで確認すると、どちらの場合もCPU使用率が高く、GPU使用率が低いんですよね。Adobeには、もっともっと

GPU最適化に 真剣に取り組んでほしい

 
ですよ、マジで (~_~;)

 

ベンチマーク⑥ 機械学習:TensorFlow, CIFAR-10

最後は機械学習。有名な機械学習ライブラリであるTensorFlowを使い、CIFAR-10(画像分類)を例題にしました。
機械学習ではトレーニング(学習)、テスト(評価)、実地適用の三つの段階がありますが、最初の 設計したモデルをトレーニングする段階で 最も計算機の能力が必要になります。CIFAR-10の画像分類はTensorFlowのチュートリアルにも掲載されているので、公開されているトレーニング段階のプログラムを使い、その実行時間を比較しました。

20180601_cifar10 (X470Taichi) (2)改 cifar10_train.pyの実行例

チュートリアルのプログラムでは100万ステップで学習させていたけど、ここでは実行時間を計るだけなので30万ステップに変更しました。
結果は次のとおり。

CIFAR-10のモデルの学習(30万ステップ)

  • 旧母艦PC(GPU版TensorFlow):124分・5,161examples/sec(1.00)
  • 新母艦PC(GPU版TensorFlow):79分・8,101examples/sec(1.57
  • 新母艦PC(CPU版TensorFlow):20時間・530examples/sec(0.10

うぅぅぅ、1.57倍高速… たったそれだけ? そりゃぁ~期待は大きかったですよ。だってね、ハイエンドの部類のグラフィックボードを買ったんだからさ (T_T)
まぁそれでも、GPUを使う意味はあるのよ。新母艦PCのGPUで79分かかった処理を 同じ新母艦PCのCPUにやらせたら、なんと20時間かかった。つまり、CPUの場合よりGPUの方が15倍高速ってことになるね。
思ったような性能向上はなかったとは言え、20時間の待ち時間が GPUを使えば79分になるわけだから、これはこれで嬉しい結果よね \(^o^)/

※注意事項: きのうの日記で触れたように、GPU版TensorFlowを使うために必要なCUDAライブラリを 新母艦PCにインストールできなかったので、裏技を使ってインストールしました。したがって、上記の新母艦PC(GPU版TensorFlow)に関する計算結果は、参考程度と考えるべきかもしれませんね m(._.)m

ゲームをやるなら新母艦PCのパワーをもっと感じられるかもしれないね。少し前の日記に書いたベンチマーク③(FINAL FANTASY XV)の結果を見れば明らか。ただなぁ、私はゲームをしないからなぁ (~_~;)

 

簡単なまとめ

私の使い方の場合、ザックリとですが 旧・新母艦PCの実行速度の違いは、CPU使用率が高ければ2倍程度GPU依存度が高ければ1.5倍程度だってことが分かりました。使い心地には総じて満足はしているんだけど、30万円投資してその程度なのかって考えちゃうのよね。
まぁ、それだけ待ち時間が減ったっていうことなんだけど、もうちょっと高い倍率だと もっと嬉しかったんだけどなぁ ^^;

そうそう、AppleはGPU用のグラフィックスAPI「Metal」で足回りをコツコツと・しっかりと固めてきているのよね。そういうところは流石だなぁって思うよ。
そんでね、もしAppleが採用するGPU(AMD Radeonシリーズ)でもと言うか、もしmacOSでもGPU版TensorFlowが使えるようになったら、5月に処分しちゃったmacOSマシンを再導入したいと思ってるのよ。まぁ、macOSでGPU版TensorFlowが使えるようになるには、まだまだ時間がかかりそうだけどね ^^;
macOSマシンにしろWindowsマシンにしろ、最近ではeGPUが熱くなりつつあるから、GPU界隈は また楽しみが増えたのよ (^^)v

 

 

さぁってと、きょうは久しぶりに私の鹿島アントラーズの試合があるんだよ。アウェーでの天皇杯3回戦(FC町田ゼルビア戦)なのよ。

日本代表組のCB二人が不在だし、2ヶ月間試合がなかったし、相手を格下だと思って舐めてかかると痛い目にあうよ! 引き締めて行きましょう!
攻守ともにガッチガチのガチでぶつかり、勝利を手にすることを期待しているよ (^^)v

広告

デジタル一眼レフにもWi-Fi機能を!

日々、写真を撮りまくってる!わけじゃないの ^^; 数枚の写真をってときが多いのよ。最近ではiPhoneで撮ってそのままツイートなんてことも減って、写真を自組Windows母艦PCに転送してLightroomで編集、ブログに貼るってことの方が多いのよね (^^)

そうなると、たかだか数枚の写真を転送するだけのために、デジイチからカードを抜いてPCに挿して… なんてのは面倒になってくるってもんでしょ。
まぁ、iPhoneで撮れば転送は楽チンなんだけど、画質がねぇ ^^;

 
ミラーレスのOLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIはPCと無線接続できないことが分かっているから諦めてるけど、一眼レフのCanon EOS 7D Mark IIWi-Fiアダプタ(SDカード)を挿せばUSBケーブルで有線接続したときと同じことができるのよ。写真の記録にはCFカードを使っているから、Wi-Fiアダプタを買うだけで済むし、前々から狙っていたのよね。

思い立ったが吉日、Wi-Fiアダプタを購入。遅延はあるんだけど、こりゃ便利だなぁ \(^o^)/
iPhoneとの接続もできるから、今後は使い方の幅が広がりそう。まぁ、そんな使い方をするなら、アパートになんか籠もってないで外出しろ!ってことだろうけどね ^^;
私が撮ってるものといったら…

しかお・しかこ・アントンくんが写ってるPCモニターかテレビ

ばっかりだからなぁ ^^;

20180223_174821_IMG0002 アントンくん・しかこ・しかお

だけど、PCモニターで10倍に拡大してピントを合わせられるってのはいいね。歳のせいか目が芳しくないもんだから、カメラの液晶モニターよりもずっと見やすくていい (^^)v

カメラとPCとをWi-Fiで繋ぐなんてことは、イマドキのデジタル一眼レフなら当たり前のようにできることなんだろうけど、私の7D Mark IIでも(Wi-Fiアダプタを追加購入したとは言え)それができるようになって、とっても嬉しいのよ \(^o^)/

Nikon DLの発売中止が惜しまれる

持ち歩きカメラとしては、コンデジが最強ですね、やっぱり ^^;
スマホのカメラもかなり進化しているようですけど、そこはほれ、わたしはiPhone 5sなので、これはちょっと辛いなぁって状況も多々あるわけで (T_T)

 

Canon PowerShot SX280 HS

5年ほど前になるけど、iPhone 5sが発売される少し前にCanon PowerShot SX280 HSをポチったのよね。日頃のスナップや仕事にと、何でもこれで撮ってたよ。

 
ただ、仕事で使うにはこれでも辛いということに気付いて、3年ほど前からデジイチを使い始めたんだった。

 

デジイチの難点 ―― 嵩張って持ち歩きにくい

20170317_P3170094_Canon EOS 7D Mark II Canon EOS 7D Mark II
20170317_IMG_6182_OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

デジイチを使っていて感じるのは、重いってこともそうだけど、

嵩張るので 日頃の持ち歩きには適さない

ってことなのよね。あたりまえっすね ^^;
きれいに撮れるので、さすがにデジイチを手放そうとは思わないけど。

 

Nikon DL 18-50 f/1.8-2.8

ということで、いまになってコンデジに回帰 ^^;
PowerShot SX280 HSをドライボックスから取り出してきて、これを持ち歩こうかなと思い始めたわけ。

そもそも、OM-D E-M5 Mark IIを買う前は、Nikon DL 18-50 f/1.8-2.8を買う気マンマンだったのよ。なのに、発表はされたものの発売中止ってことになっちゃって (T_T)

 
いま思えば(当時もそうだったけど)、Nikon DLシリーズの発売中止が惜しまれるね。高性能なコンデジはこれからのトレンドでもあると思うので、

見た・知った瞬間にビビッとくるコンデジ

が出てくるのをゆっくり待つことにするよ (^^)

もうすぐCP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2018でしょ。各社から新製品発表が相次ぐだろうし、とっても楽しみなのよ \(^o^)/
そういえば、Nikon DLシリーズが発表されたのも2016年のCP+に合わせてのことだったんだっけなぁ。もうそれこそ、瞬間的にビビッときましたよ ^^;

反省しています

体を鍛える日頃から運動する規則正しい生活をする・・・

なぁ~んてことせずに生きてきました。そうだなぁ、20歳を超えたあたりからずっとね。

でもって、そんな不摂生&ものぐさ生活のツケはまわってくるもので。
2年くらい前から腰が悪くなったと自覚しはじめて、この1年はゴルフはもちろんランニングもできなくなってました。
それでとうとう、きのうの朝から起き上がる・立ち上がる・普通に歩くってことすら苦痛になってしまいました。

ちょっと・・・と言うか、かなり反省しています m(._.)m

こりゃ大変だってことで、東京出張のときの荷物を持って部屋をウロウロしてみると、やっぱり駄目。とてもじゃないけど、これ担いで出張なんて無理かもなぁと。
それに、変な体勢から重たい一眼レフで写真なんて撮ったら、その場から起き上がれなくなっちまうかもなぁと。

いやぁ~、反省しています (T_T)

腰痛はネガティブ・スパイラルの素って聞いたことあるのよね。
確かに、気分はどよぉ~んと落ち込んじゃうなぁ、こりゃ。
ちょっとだけ動くときにも、腰のことを注意して、何かにつかまって、ゆっくりと・・・
なんてことを常時気にしなきゃなんないなんてさ。

まぁ、落ち込んでいても解決しないので、これから長い付き合いになるんだと諦めるよ。
それより、少しずつでも良くする方法を見つけないとなぁ ^^;
 
 

だからってわけじゃないんだけど…

これまでカメラは、ガッツリ撮るときは一眼レフ、普段持ち用にミラーレスだったのよね。
ミラーレス一眼カメラは、本体もレンズも小ぶりで軽く、でもちゃんと撮れるやつなのよ。

20160731_IMG_4071

本体がOLYMPUS OM-D E-M5 Mark II、レンズがSIGMA Art 19mm F2.8 DN
レンズが純正じゃないからかな オートフォーカスが少しだけ遅いってことくらいで、とっても良いコンビ。
普段持ち用としては少しかさばるけど、これを替えるつもりはじぇんじぇんないのよ。

一方、仕事用は本体がCanon EOS 7D Mark II、レンズがTAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
このセットは私のような下手クソにはもったいないくらいなのよ。
でも、下手クソにも とっても良い感じなのよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

難点はカメラ本体もレンズも重いのよ。ズッシリ感がバリバリなのよ ^^;
これ持って中腰に屈んで見上げて、しばしピクリとも動かずにいて、たまぁ~にパシャ。
当然、腰にくるよなぁ~ (T_T)

ってことで、腰に不安がなくなるまでは、普段持ち用のミラーレス一眼を仕事でも使えるようにしました。
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROってレンズを追加。

20170317_IMG_6182

次の東京出張の仕事は4月末。そのときに試しで使ってみるつもり。
仕事なのに「試しで使う」ってどういうことよ?
とも思うけど、写真撮影は本業じゃないし、それでお金をもらってるわけじゃないからOKにしました ^^;
 
 

しっかりしないと!

平静を装ってみたところで事態が変わるわけでもなく、やっぱ落ち込んじゃうなぁ (T_T)
こんな目に見えて腰の具合が悪化したのはきのうときょう。この2日間だけのことであってほしいと思うよ。
朝起きてしばらくはゆっくりストレッチ。午後にようやく 気をつけながらも普通に歩けるようになるって感じ。

とは言え、軽い仕事に替えてくれるわけでもなく・・・
とりあえず荷物を半分くらいにして、無理な体勢での撮影は控えるようにして、さらにカメラも軽くして。
あとは腰が良くなるようなことをしないとね。

なんくるないさ~ (^^)

今年の言葉、良かった・悪かった買い物

きょうはクリスマスイブなんですね。ついさっき知りました (^^;)

今年も残り一週間。いろいろありましたね・・・いや、あんまりいろいろはなかったかな。
年末、「今年の重大ニュース」的な番組や記事が出てくるんでしょうけど、たぶん見ないなぁ・・・

自分の仕事的には、結構な機材投資をしたにもかかわらず、年末までに仕上げてしまおうと設定した目標に届きそうもなく。
反省です。
 
 
今年の言葉

さて、今年の漢字は「」に決まりました。
それをまねて、個人的な今年の言葉を。

2014年の個人的な「今年の言葉」

2014年の個人的な今年の言葉は、

全車採用(2014年の個人的な今年の言葉)

でした。
バンドのメンバー(ベース)と特許の話をしているときに聞いた言葉で、いまでもよく思い出します。
どうです? 特許を出願したことのある人なら、少しはドキドキッとするでしょ。
自動車メーカーに勤める彼が言った「全車採用」って・・・そんな特許や実用新案を取得できたら、シビれちゃいますね。

私は自分が発明人(の一人)となった特許を18件出願しましたが、そのうち特許となったのは12件。
その特許12件のうち、会社が実際に使ったのは1件のみ (T_T)
特許を出願してから会社がその技術を使うってのが理想ですが、私の場合は・・・すぐに現場で必要だということで、急いで技術を開発、使ってから特許を出願・取得したので、ちょっと寂しい気もします。

2015年の個人的な「今年の言葉」

で、2015年の個人的な今年の言葉です。
今年も同じバンド、同じメンバーで同窓会ライブに出たのですが、またまたメンバーの言葉が。
高校の同窓生でキーボードの友人の言葉、バンドの練習中に私に向けて発せられたのが、個人的な今年の言葉です。

ポンコツ(2015年の個人的な今年の言葉)

シビれてます、いまでも (^^;)
まぁ、確かに。かなり頑張ったつもりでしたが、学生のときのようには叩けませんでしたからね。

20151122 ミシンヘッド
 
 
買い物

ついでに・・・

今年は機材・モノを結構買いました。
ので、それらの中から、良かった買い物、悪かった買い物を選んでみました。

良かった買い物

まずは良かった買い物

20151224_IMG_5206

デジタル一眼レフカメラ(Canon EOS 7D Mark II)とワイヤレススピーカー(SONY SRS-X1)です。
甲乙つけがたいくらい、どちらも今年の良かった買い物ナンバーワンです。
おかげで、生活がとても良い方向に変わりました。

悪かった買い物

次は今年の悪かった買い物

20150622_MacBook Pro-Edit 20150116_Mac mini-Edit

ノートパソコン(Apple MacBook Pro:15″Retinaディスプレイ, 16GBメモリ, 512GB SSD, GeForce GT 750M)とデスクトップパソコン(Apple Mac mini:16GBメモリ, 1TB Fusion Drive)の2つです。
事前の私の期待が大きすぎて「なんだ、こんな程度か」と感じただけで、製品として駄目ということではありません。
とは言え、私にとってコスパが非常に悪いのは事実ですが。

まぁ、所詮、モノですからね。大切なのは気持ち Nyah-Nyah
モノを処分してできるだけ少なく・シンプルに、気持ちは豊かに、というふうにありたいものですね。
 
 
今年も残りわずか

さて、仕事のことを除けば、今年も年賀状・年賀メールの準備を残すだけ。
早いもんだなぁ、もう本当に年末だよ。あっという間の1年でした。

ありがとうございました Smile

【収録機材】仕事用ですが、ほぼ100% アマチュア仕様です (^^;)

前回に続いて、Character Animatorで遊びながら・楽しみながら動画を作りました。
今回の動画は、仕事で使っている収録機材の紹介です。ほぼ100%アマチュア仕様なので、ちょっと恥ずかしいですが ^^;
ちょうど水曜日に東京で収録の仕事があるので、そのために持って行く収録機材を紹介します。

1. ビデオカメラ、ICレコーダー
ともに3台ずつありますが、すべて使います。
ビデオカメラはCX720Vをメインに、バックアップで録るMV1と別アングルで撮るHX-A500です。
ICレコーダーは、アンプのライン出力からの音をDR-40で録り、バックアップとしてDR-05をスピーカーのそばに、ICD-TX650を音源のそばに置いて録ります。

2. デジタルカメラ
デジカメは2台です。

実は、7D Mark IIの仕事デビューなんです。心配なので、これまで使ってきたコンデジのPowerShotも持って行きます ^^;

3. バッテリー、ケーブル等
Cheeroのモバイルバッテリーはとても重宝しています。
その他のバッテリーや充電池はすべて予備で、機材には満充電済みのものを装着してあります。

4. 設置治具
ビデオカメラやICレコーダーを設置するための治具です。
水曜日の仕事では、三脚を使えないので、このようなミニ三脚やボールヘッドマウンター、手作りの治具を使います。

5. パソコン、メモリー等
パソコンとUSBメモリー、予備のSDカードです。
今回は東京で編集作業をする時間があるのでパソコンを持って行きますが、通常はそんな余裕はなく、パソコンは持って行きません。

6. 設置例:HDR-CX720V
メインのビデオカメラCX720Vの設置状況です。
このようにホワイトボードの上に大きめのクリップマウンターで設置することが多いです。

7. 設置例:HDR-MV1
バックアップカメラMV1の設置状況です。
この例とは違って、通常はメインカメラとできる限り同じようなアングルで録れる場所に設置します。

8. 設置例:HX-A500
別アングルで録るA500の設置例です。
メインやバックアップのカメラとは全く違うアングルで録れるように設置します。

ICレコーダーの設置例の写真はないのですが、やはり3台使います。
最初はビデオカメラもICレコーダーも1台ずつでやっていたのですが、それらのトラブルで痛い目にあうたびに1台ずつ増えていき、いまではカメラもICレコーダーも3台ずつ使って収録するようになってしましました。

これらの機材はほぼ100%アマチュア仕様ですね。7D Mark IIとDR-40がかろうじてプロのサブ機といったところでしょうか。
アマチュア仕様とはいっても、映像も音声もきれいに取れるので、とても楽しく作業ができます(トラブらなければの話ですが ^^;)。
水曜日の仕事も楽しみです。

今日の動画は以上です。
ご覧いただき ありがとうございました。

[リンク]
Sony HDR-CX720V
Sony HDR-MV1
Panasonic HX-A500
Canon EOS 7D Mark II
Canon PowerShot SX280 HS
TASCAM DR-40 VERSION 2
TASCAM DR-05
Sony ICD-TX650
cheero Power Plus 3 13400mAh

[収録機材]
Sony HDR-CX720V
CANON PowerShot SX280 HS
iPhone 5s
TASCAM DR-40 VERSION 2

[編集ソフトウェア]
TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4
Adobe Creative Cloud

[音源]
フリーBGM・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/

[SNS]
Twitter https://twitter.com/kokubo164
Facebook https://www.facebook.com/hiroshi.kokubo
Blog https://kokubo164.wordpress.com/

【日記】久しぶりの動画はCharacter Animatorで!


※ 動画の中で「MacBook mini」と言っているのは「Mac mini」の間違いです。申し訳ありません。

この一ヶ月、バタバタしていて、久しぶりに動画をアップロードしました。

どんなバタバタかと言うと、

  1. マイクロソフト・オフィスをビジネス向けのサブスクリプションに変更するために試したり・・・
  2. 仕事用の機材を買い足したり・・・
  3. グラフィック系・映像系ソフトウェアをアドビ製品に乗り換えたり・・・
  4. Mac miniの使い心地が思った以上に悪くてどうしようもなかったり・・・

といった感じでした。

動画のアップロードを一ヶ月も空けるつもりは全然なくて、

  1. 以前動画をアップロードしたLogicool ワイヤレスマウスMX Masterの使用レポート や、
  2. これまた動画をアップロードした油性ボールペン5種類の書き心地比較 や、
  3. 最近購入した針なしホチキスのハリナックス プレスの使用感 など

の動画を作ろうとは思っていたものの、やっぱりできませんでした。

ようやくひと段落の半分くらいの区切りがついたので、まずは日記動画をアップロードすることにしました。
先ほど言ったように、グラフィック系・映像系ソフトウェアをアドビ製品に一気に乗り換えたので、その使い方の練習も兼ねて・・・っていう気持ちもありましたしね。
今回はCharacter Animatorっていうソフトを使って遊んでみましたが、結構楽しかったです。

短いですが、きょうの日記動画はこれでおしまいです。
ご覧いただき ありがとうございました。

[リンク]
#001【マウス】Logicool MX Masterワイヤレスマウス(1. 導入編)
#004【マウス】Logicool MX Masterワイヤレスマウス(2. 追加でペアリング編)
#008【日記】油性ボールペン「セーラー万年筆 G-FREE」を探して
Office 365 Businessプランプランの比較
Canon EOS 7D Mark II
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
TASCAM DR-40 VERSION 2
Adobe Creative Cloud

[収録機材]
Logicool HD Pro Webcam C920
CANON PowerShot SX280 HS
TASCAM DR-40 VERSION 2

[編集ソフトウェア]
TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4
Adobe Creative Cloud

[音源]
フリーBGM・音楽素材MusMus http://musmus.main.jp/

[SNS]
Twitter https://twitter.com/kokubo164
Facebook https://www.facebook.com/hiroshi.kokubo
Blog https://kokubo164.wordpress.com/