macOS使うのをやめました

macOSマシン

何だかんだいってAppleのデバイスが結構ある。パソコンも4台中3台がApple製。2007年頃に買ったMacBookはもう使ってないけど、残りの2台は2015年初旬に購入したMacBook ProとMac miniで、もちろん現役。
でも、生活でも仕事でもメインで使うのは自組Windows母艦PCで、macOSマシンはまったく役に立ってない。Mac miniをiTunesマシン・常時起動マシンとして使っている程度なのよね。

もったいない!

でしょ。

と言うことで… 自組Windows母艦PCにiTunesのデータを移して、iPhone 5sとの同期や使い勝手を確認してみたのよね。問題ないです、もうこれでいいです ^^;

 

Windowsマシンで使う

まったく問題ないかというとそうでもない。macOS版と同様、Windows版のiTunesが鈍臭いのよね。どうしようもなく鈍臭すぎる (T_T)
パソコンにインストールしたiTunesをスマホや音楽やポッドキャストの母艦・ハブとして使うような利用方法は、もうすでに時代遅れなんだろうなぁ。だからAppleはiTunesを改良する気なんてないんだよ、きっと。アップデートはされるけどまったく改善されてないよね。

必要なデータはクラウドに置いて、音楽やポッドキャストはオンデマンドでストリーミングってのがイマドキなんでしょうかね。それも良いですね。身軽ですむしね。
ただ、そういう風にすると、いま以上にApple依存度が上がってしまうのよね。それは絶対に避けたいし、そもそも手元に置いておきたいデータも結構あるし。Apple MusicサブスクリプションやiCloudの有料プランなんて、私は契約したくないしね。

Windowsマシン・Windows版iTunes・iPhone 5sの組み合わせでも、これまでと同じように使えそうなので、もうこれで良いかなと。これで十分だよと。
そうそう、Groove ミュージックGrover Podcastっていうアプリを併用してる。鈍臭いiTunesとは違ってサクサク動くからとってもグゥなのよ (^^)

 

macOSマシンの処分

外出することが少なく、パソコンの前に座ってることが多いのよね。いい感じの音で鳴らせるデジタルアンプ内蔵スピーカーがパソコンに繋がっていて、しかもスマホからは鳴らせない。仕事に限らず、パソコン中心の使い方・生活の仕方になっちゃってる ^^;

そんな私。macOSマシンとWindowsマシンを併用していた環境をWindowsマシンに一本化しても大丈夫なようなので… MacBook ProとMac miniとTime Capsuleを処分しました。気持ち的にも空間的にも、そこそこスッキリしましたよ (^^)
お洒落でスマートって感じのするmacOSがなくなってしまって、ほんの少し寂しい気もするけど、まったく役に立ってないという事実を重要視しました。

Windowsがコツコツとアップデートを重ねて、かなり改善されてきているのも大きいですね。しかも、動作は重くなってないでしょ。
Windowsはお洒落でもスマートでもないけど、何よりも、結果的に金食い虫でしかなかったmacOSマシン。私にとってWindowsマシンはパートナーであり続けているけど、macOSマシンはそうじゃなかったのよね (T_T)

 

Windowsマシンのアップグレード

macOSマシンを処分しちゃったので、いまあるパソコンは自組Windows母艦PCの1台だけ。これはちょっと良くない状況なのよ。Microsoft OfficeAdobe Creative Cloudを使えるパソコンが1台しかないっていうのは、仕事をする上でとっても心配なのよね。

ハイパフォーマンスなmacOSマシンを選択するってのは、少なくとも現行の製品ラインナップではあり得ない。CPU性能・GPU性能・ストレージ容量のすべてにおいて満足なmacOSマシンなんて、コスパ悪すぎで話にならないからね。
で、どうするかというと、Windowsマシンをアップグレードしようかなと。ただ、

ポチるのを 少しビビってる

のよね ^^;
母艦1台だけって状態は心配だけど、まぁ、決断するにはもう少し時間がかかりそう。

 

 

さぁ、きょうはACL(AFC CHAMPIONS LEAGUE)2018のラウンド16の第2戦。私の鹿島アントラーズは敵地で上海上港戦だ!
ホームでの第1戦は3-1で勝利しているので引き分けでもOKなんだけど、きょうもスカッと勝って気持ち良く準々決勝に進出してほしいよ。

広告

もうすぐ第2世代のRyzen登場!

いやぁ、楽しみですね。もうすぐ新しいRyzenがやってきますよ (^^)
思えば1年前、Intel一択状態に終止符を打ち、AMDが復活の狼煙を上げたRyzenの発表。あれからもう1年も経つんだなぁ。

私はまだまだ現役の自組Windows母艦PCを使っていたものの、新しいPCの妄想自作とかやってましたね。これもRyzenへの強い期待の表れだったんだと思います ^^;

 

1年経ってみて…

この妄想自作だけど、CPUのRyzen 7 1800Xは別にしても、いまなら選ばないパーツばかりなのがチト恥ずかしい ^^;
選ばないというか、状況がかなり違いますね。メモリとグラフィックボードは高騰してますし、そもそもハイクラスのグラフィックボードは入手困難な状態が続いてます。

CPUはIntel製一択のIntel一人勝ち状態が長かったせいか、ソフトウェアもIntel CPU上で動くことが前提になってしまっていました。多くのソフトウェアはIntel CPUのみに最適化されたわけです。この状況は1年くらいでは変わらなかったです。
今後もAMDが魅力的なCPUで市場シェアを伸ばしていけば、その状況も意外と早く変わるかもしれませんね。

マザーボードに搭載されるAMD製のチップセットについても、Intel製のものに比べると こなれていませんでした。高速メモリを搭載できなかったり(これはチップセットではなくCPU要因ですね【2018/3/30 追記】)、相性問題が多かったりと、Intel軍(Intel製CPU+Intel製チップセット搭載マザーボード)よりも選択の幅が限られていたわけです。
これについても1年で解消されることはなかったですね。致命的な不具合は解決されましたけど、総合力としてはまだまだIntel軍に分があるように見えます。

 

新しいRyzenがやってくる!

AMDがIntelと互角に戦えるようになるには、1年では無理ですよね。ただ、攻めの姿勢で戦い続けることが大事です。その意味では、AMDはまだまだやる気満々です(たぶん ^^;)。

もうすぐ新しいRyzenと新しいチップセットが登場しますよ。
また妄想自作なんてことをするかもしれないけど、それよりも、妄想じゃなくて リアルに新しいPCを新しいRyzenで組んでもOKな状況になってほしいんですよね。Intel軍 vs. AMD軍の戦いは50:50であってほしいんですよ。

新しいRyzenに関する記事は他にもたくさんあるだろうけど、私が読んだものは次のとおり。4月に発売されるみたいなんだけど、昨年同様、とっても楽しみにしてるのよ。

 

 

仕事でも生活でも自組Windows母艦PCがメインなのよね。第4世代のIntel CPU(Intel Core i5-4570)なので、もう丸4年は経つのかな。ちょうど、これまたいまも使っているiPhone 5sと同じ頃になるね。
iPhone 5sは使いものにならない一歩手前まで来ているけど、自組PCの方はそんなことはまったくないのよ。スマホの進化(とソフトウェアの肥大化等による重鈍化)のスピードはそのくらい違うってことなのかな。

まぁ、進化がどうであれ、スマホはとても便利だけど稼ぎには何の役にも立っていないって点が私には重要なのよ。毎年買い替えようと思っても実行しないでいるのは、便利だけど生活に欠かせないかというとそうでもないし、価格の割にリターンが少なすぎるし、っていう思いが心の奥底にあるのかもね。

ってことは、かなり隠居おじさん状態に近づいているってことなのかな ^^;

デジタル一眼レフにもWi-Fi機能を!

日々、写真を撮りまくってる!わけじゃないの ^^; 数枚の写真をってときが多いのよ。最近ではiPhoneで撮ってそのままツイートなんてことも減って、写真を自組Windows母艦PCに転送してLightroomで編集、ブログに貼るってことの方が多いのよね (^^)

そうなると、たかだか数枚の写真を転送するだけのために、デジイチからカードを抜いてPCに挿して… なんてのは面倒になってくるってもんでしょ。
まぁ、iPhoneで撮れば転送は楽チンなんだけど、画質がねぇ ^^;

 
ミラーレスのOLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIはPCと無線接続できないことが分かっているから諦めてるけど、一眼レフのCanon EOS 7D Mark IIWi-Fiアダプタ(SDカード)を挿せばUSBケーブルで有線接続したときと同じことができるのよ。写真の記録にはCFカードを使っているから、Wi-Fiアダプタを買うだけで済むし、前々から狙っていたのよね。

思い立ったが吉日、Wi-Fiアダプタを購入。遅延はあるんだけど、こりゃ便利だなぁ \(^o^)/
iPhoneとの接続もできるから、今後は使い方の幅が広がりそう。まぁ、そんな使い方をするなら、アパートになんか籠もってないで外出しろ!ってことだろうけどね ^^;
私が撮ってるものといったら…

しかお・しかこ・アントンくんが写ってるPCモニターかテレビ

ばっかりだからなぁ ^^;

20180223_174821_IMG0002 アントンくん・しかこ・しかお

だけど、PCモニターで10倍に拡大してピントを合わせられるってのはいいね。歳のせいか目が芳しくないもんだから、カメラの液晶モニターよりもずっと見やすくていい (^^)v

カメラとPCとをWi-Fiで繋ぐなんてことは、イマドキのデジタル一眼レフなら当たり前のようにできることなんだろうけど、私の7D Mark IIでも(Wi-Fiアダプタを追加購入したとは言え)それができるようになって、とっても嬉しいのよ \(^o^)/

Nikon DLの発売中止が惜しまれる

持ち歩きカメラとしては、コンデジが最強ですね、やっぱり ^^;
スマホのカメラもかなり進化しているようですけど、そこはほれ、わたしはiPhone 5sなので、これはちょっと辛いなぁって状況も多々あるわけで (T_T)

 

Canon PowerShot SX280 HS

5年ほど前になるけど、iPhone 5sが発売される少し前にCanon PowerShot SX280 HSをポチったのよね。日頃のスナップや仕事にと、何でもこれで撮ってたよ。

 
ただ、仕事で使うにはこれでも辛いということに気付いて、3年ほど前からデジイチを使い始めたんだった。

 

デジイチの難点 ―― 嵩張って持ち歩きにくい

20170317_P3170094_Canon EOS 7D Mark II Canon EOS 7D Mark II
20170317_IMG_6182_OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

デジイチを使っていて感じるのは、重いってこともそうだけど、

嵩張るので 日頃の持ち歩きには適さない

ってことなのよね。あたりまえっすね ^^;
きれいに撮れるので、さすがにデジイチを手放そうとは思わないけど。

 

Nikon DL 18-50 f/1.8-2.8

ということで、いまになってコンデジに回帰 ^^;
PowerShot SX280 HSをドライボックスから取り出してきて、これを持ち歩こうかなと思い始めたわけ。

そもそも、OM-D E-M5 Mark IIを買う前は、Nikon DL 18-50 f/1.8-2.8を買う気マンマンだったのよ。なのに、発表はされたものの発売中止ってことになっちゃって (T_T)

 
いま思えば(当時もそうだったけど)、Nikon DLシリーズの発売中止が惜しまれるね。高性能なコンデジはこれからのトレンドでもあると思うので、

見た・知った瞬間にビビッとくるコンデジ

が出てくるのをゆっくり待つことにするよ (^^)

もうすぐCP+(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)2018でしょ。各社から新製品発表が相次ぐだろうし、とっても楽しみなのよ \(^o^)/
そういえば、Nikon DLシリーズが発表されたのも2016年のCP+に合わせてのことだったんだっけなぁ。もうそれこそ、瞬間的にビビッときましたよ ^^;